死んでも「アイツ」に勝ちたかった② 長州力 (3)

アサ芸プラス / 2012年6月20日 11時0分

言葉はその場の感情で吐く

 藤波への〝下克上アクション〟で長州は「革命戦士」と呼ばれ、時代の寵児となった。金曜夜8時放送の「ワールドプロレスリング」(テレビ朝日)の平均視聴率は20%を超え、新日本プロレスは黄金時代を迎える。

 83年4月3日の蔵前国技館。「かませ犬」発言後、3度目の一騎打ちで、長州が藤波から初めての勝利を収め、WWFインターヘビー級王座を奪取した。

 この勝利は僕にとって、1段階ステータスが上がった試合だったと思いますよ。それまでは一度も勝ったことがなかったし、そのうえ、ベルトまで巻けたんだから。それまでベルトを巻いた経験はあったけど、藤波さんから勝ち取ったことが大きかったね。

「俺の人生にも、一度くらいこんなことがあってもいいだろう」と言ったらしいけど、よく覚えてないんだ。そんなこと言ったのかね?ただ、藤波さんに勝ったことはうれしかった。それは間違いない事実ですよ。

 あの頃は年間260試合という、とんでもない数の試合をこなしていました。

 みんな同じプロレスですけど、藤波さんとの試合だけは特別だった。存在感が違う。2人の試合は、それまでのオーソドックスなスタイルと違って展開の速いスタイルでした。のちに、「ハイスパート・レスリング」なんて呼ばれていたな。どっちが先に潰れるかわからない、きついスタイルというか。僕と藤波さんだからできたんだと思うよ、うん。年齢も30歳くらいで、体力も気力も充実してる時期だったからできた。

 何より僕と藤波さんの身体能力の波長がピッタリと合ってたんじゃないかな。他の誰でもない藤波さんとじゃなきゃできなかった。

「相手が藤波だから、あえて本物のバックドロップを放てるんだよ」とも当時、言ったらしいんだけど、これも覚えてないんだよな(笑)。

 こういう僕の過去の発言がクローズアップされたのがきっかけでプロレスファンになったり、僕の言葉で留飲を下げたファンも多かったとは聞くけど、正直、僕にはよくわからない。その場、その場の感情が出てるだけで、そこには何の計算もないんだ。

 自分の吐いた言葉に責任なんて持てないですよ。何でみんなそこにこだわるのかなって、不思議なところですよね。誰かを勇気づけたり、元気づけるために言ってるわけじゃない。よく「力をもらいました」とか言われる。だけど、こんなこと言っちゃいけないかもしれないけど、「お前、弱いヤツだな」と思いますよね。そんな、僕の吐いた言葉なんかに力なんかあるわけないですよ(笑)。言葉ってのは選ばないといけないんだろうけど、僕は本当にその時、感じたことを吐いてきただけなんですから。

【関連記事】

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング