オウム残党「首都圏にサティアン建設」戦慄実態(3)

アサ芸プラス / 2012年7月5日 11時0分

メンバーの「カルマ」を指導

 犯罪的と言える麻原帰依は、オウム残党のアレフのみならず、アレフに属さない少数信仰グループによっても進められている。前出・元信者が明かす。

「大きいのはまず、横浜のケロヨングループ。ここには28人います」

 これは、95年の強制捜査後にオウムから分裂した一団。「原点に帰る」意味でカエルのマスコットを持ち歩いていたことから、ケロヨンと呼ばれる。代表の北沢優子被告は04 年、修行中のメンバーを竹刀で叩くなどして死亡させた傷害致死事件で逮捕、起訴され、懲役8年の有罪判決を受けている。元信者が続ける。

「リーダー不在で活動を続ける彼らは『麻原が事件を起こさなかったら、今の日本のダメなところが噴き出てこなかった』と言う。ゴタゴタしている政治状況などを指すようで、つまり、サリン事件を肯定している。アレフの道場を使い、ふだんはサラリーマンやパートタイマーとして収入を得ています。夫婦もいれば、子供もいますね」

 昨年末、ケロヨングループのメンバーによるカラオケ集会が、横浜市内のカラオケボックスで開かれた。そこに参加したグループ関係者が明かす。

「まず、最近の活動報告をする。同僚がこんなことで悩んでいる、あのメンバーにはこういうカルマが残っているからこう指導してあげなさい、という相談もあった。それから低い声でマントラ(呪文)を3回唱え、手を合わせました。相変わらず、オウム、麻原称賛です。連れてきた子供たちは、アンパンマンの歌などを歌っていました」

 横浜にある別のグループは8人。「何があっても麻原は絶対」と、強烈な信仰心を維持しているという。

「あとは大阪・寝屋川市を拠点とする12人前後のグループ、20人ほどの名古屋グループ、福岡や仙台のグループなどがある。オウム裁判に関わった弁護士の一人は、『北海道に十数人のグループが7つある』とも言っています。こうした少数グループが全国に100ほどあるということです」(前出・元オウム信者)

 一方で“個人活動”を続ける元信者も数多く存在する。さる「1人オウム」はこう話す。

「アレフ、元オウム仲間とは一切、連絡を取り合っていないし、元オウムだと周囲に知られたくない」

 社会にバレぬよう、あくまで個人的かつひそかに信仰を続けているというのだ。

【関連記事】

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング