新垣結衣VS石原さとみ 主演ドラマ好調の2人が繰り広げる「共演者キラー対決」(2)山Pとデート激写で「引退したら看護師になりたい」

アサ芸プラス / 2016年11月6日 17時57分

写真

 一方、初回の視聴率12.9%以降も2桁をキープする「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」(日テレ系)の石原は、好調の裏に「引退説」まで飛び出した。

 10月3日放送の「しゃべくり007」(日テレ系)に出演した石原は「看護師の勉強をしていて、もし(芸能界を)干されたら看護師になりたい」と打ち明けたのだ。テレビ誌ライターがいぶかる。

「人気女優が引退後のことを考えているなんて、結婚がニオイますね。番組内で結婚について聞かれた際も『タイミングですかね』と笑顔で答えていました。裏を返せば『タイミングしだいで結婚できる相手はいる』と解釈できますね」

 映画「シン・ゴジラ」の演技も評判は高く、順調にキャリアを築いている石原だが、はたして電撃引退はあるのか。「彼女はプライベートでの悩みを抱えている」と明かすのは、さる芸能プロ関係者である。

「石原には芸能界に入る前からの一般人の親友が何人かいて、『どんなに役に入り込んでも、彼女たちと会うことで、いつもの自分に戻れる』と話していた。ところが、その親友が次々と結婚して疎遠になってしまったんです。それで素の自分に戻ることができず、『芸能界の石原さとみ』が抜けない。精神的なバランスを崩しているようで‥‥」

 そこに現れたのが、先頃「女性セブン」で自宅密会を激写された山下智久(31)だった。 

「山下と共演した昨年のドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジ系)の最終話では濃厚なキスシーンを演じ、話題になりました。何度も唇を重ね、『駅弁スタイル』キスもあった。あのぷるんぷるんな『ナマコ唇』を味わえば、誰だってスイッチが入りますよ」(ワイドショースタッフ)

 その山下も、結婚を意識しているかのような動きをし始めているという。

「山下は複数所有する不動産のうち、超高級マンションを約4億円で売りに出し、身辺整理を始めているといいます。最近はドラマなど目立った仕事もなく、結婚を視野に入れている表れかも」(女性誌記者)

 そこには、山下が問題児として扱われることが関係しているという。女性誌記者が続けて言う。

「山下は女遊びの噂が絶えず、2年前には六本木の路上でファンと揉めごとを起こし、ファンのスマホを取り上げてしまったことによる器物損壊容疑で書類送検もされています。タレントの結婚をプラスとして捉えないジャニーズ事務所だけに、山下が結婚となれば仕事の先行きも危ぶまれる。黒木メイサ(28)とデキ婚してクビになった赤西仁(31)と山下は悪友でしたし、そういったイメージをクリーンにすることから始めているのではないでしょうか」

 もし「結婚→引退」となれば残念至極だが、石原のナース姿も、それはそれで見てみたいのである。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング