「収穫」あり!羽生結弦、負けても表情が晴れ晴れしていた理由とは?

アサ芸プラス / 2017年2月20日 17時59分

写真

 2018年の平昌五輪と同会場で行われた、フィギュアスケートの四大陸選手権は、米のネイサン・チェンが1位。羽生結弦2位、宇野昌磨3位という結果に終わった。

 羽生は4回転ループ、4回転サルコーを成功させたが、3番目のジャンプの4回転サルコー・3回転トゥループのコンビネーションは、2回転・シングルと失敗。しかし「体力の余裕があった」と言う羽生は、後半ジャンプの構成を変更し、4回転トゥループのコンビネーションとトリプルアクセルを成功させた。

 試合後のインタビューで「悔しい」と口にした羽生選手だったが「収穫もあった」と語り、ネイサンに負けはしたものの、表情は晴れやかだった。

 スポーツライターは「クレバーな演技だった」と話す。

「ネイサンが5回もの4回転ジャンプを成功させたのは素晴らしいですが、羽生が成功させたときの美しさにはかなわない。演技力もしかりです。今回羽生は、演技中に加点数を計算してジャンプの構成を変えました。音楽に合わせて演技をするフィギュアは、その構成を体に覚え込ませるので、演技中に構成を変えるのは簡単ではありません。それを羽生はやってのけた。“勝つ”ために何をすべきかを考えながら演技をし、成功した羽生にとって、今回は“試合に負けたが大きな自信につながった”と思います」

 常々「完成形の確立を上げ、完璧にやりたい」と話す羽生は、まだまだ進化し続けている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング