1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

フリー美女アナ「勝ち組・負け組」のオフレコ評判!(3)加藤綾子に「負け組」オーラが…

アサ芸プラス / 2017年4月3日 5時57分

写真

 ここに来て「負け組」のオーラを放ち始めたのが加藤綾子(31)だ。

「フジの新番組『最上級のひらめき人間を目指せ!クイズ!金の正解!銀の正解!』のMCが決まりましたが、そもそも視聴率低迷で打ち切られた前番組『クイズやさしいね』にも出演していただけに、結果を残せなければ“数字が取れない女子アナ”の烙印が押されかねないでしょう」(制作会社関係者)

 加えて加藤自身の“変化”も指摘されつつある。きっかけは「春の火災予防運動」を呼びかける東京消防庁のポスターだ。

「官公庁の仕事とあってか、デカデカと写る婦警の姿をしたカトパンは、スッピンに近いメイク。そのため顔はのっぺりしていて、かなりフケたように見えるんです。都内のたいていの公共施設に貼られていて、見た瞬間に『えっ、誰!?』と驚いたファンも多かったようです」(芸能記者)

 今後は気合いのメイクで、人気凋落に歯止めをかけたいところだ。

 現在、5本の地上波レギュラーを持つ売れっ子の田中みな実(30)にも、明暗の“暗”が忍び寄る。

「『SMAP×SMAP』(フジ系)の後番組『もしかしてズレてる?』は、一時は視聴率が3%台に落ち込みながらも何とか打ち切りを免れましたが、いつ終わってもおかしくない状況」(前出・芸能記者)

 その低迷ぶりは、私生活にも影響しているようで、

「元カレ、オリラジの藤森慎吾(34)に未練タラタラで、なかなか次の恋に進めない様子。田中は、交際時に2人で行っていた青山の美容院にいまだに通っています。藤森も行きつけにしているので、店員が鉢合わせしないようスケジュールをやりくりしているそうです」(前出・芸能記者)

 一方、レギュラーゼロの苦境に立たされたのが枡田絵理奈(31)だ。昨年10月、フリー転身後に古巣で初めてつかんだレギュラー「クイズ☆スター名鑑」(TBS系)が、わずか4カ月で突然打ち切りになってしまった。

「所属がローラ(26)やダレノガレ明美(26)のいるモデル系事務所で、フリーアナとしての仕事を取ることに慣れていないんです」(前出・制作会社関係者)

 三杉氏も枡田の置かれた境遇を哀れむ。

「ここ数年は広島カープに在籍するプロ野球選手の旦那の成績が低迷し、本格的な活動再開に踏み切りました。ですが、仕事のたびに広島から上京するので、番組側も使いにくいという、同情的な面もあります」

 昨年7月に「NEWS23」(TBS系)のメインキャスターに就任した雨宮塔子(46)は、ブーイングの嵐にさらされているという。

「何しろコメントの内容が薄っぺらく、期待していたより数字が伸びていないんです。夕方の報道番組『Nスタ』のMCに抜擢されたホラン千秋(28)のように、華のあるタレントか、安くあがる局アナの起用を切望する声が上がっています」(番組関係者)

 オトナの美女を応援する我々としては、四十路アナに意地を見せてもらいたい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング