「亀田興毅に勝てば1000万」は出来レース?話題になるにはKO負けしかない!?

アサ芸プラス / 2017年4月11日 17時59分

写真

 サイバーエージェントとテレビ朝日の出資により設立されたインターネットテレビ局「AbemaTV」が設立1周年を記念したスペシャル番組の実施を発表し、その驚きの内容に注目が集まっている。

 その番組というのが5月7日に放送される「亀田興毅に勝ったら1000万」という特別番組だ。そのタイトル通り、WBA世界ライトフライ級王者、WBC世界フライ級王者、WBA世界バンタム級王者と、日本人初の3階級制覇を果たした元プロボクサーの亀田に勝利することができれば1000万円を獲得できるというもの。

 ルールは3分3ラウンドを1試合としたボクシングルールで行われ、175センチ以下、70キロ以下の成人男性であれば誰でも挑むことができ、現在番組では挑戦者を募集中とのこと。

 15年10月に現役を引退し、第一線から退いてから1年半のブランクがあるとはいえ、素人が亀田に勝利することができるのか?

「筋金入りのヤンキーであろうが、外国人であろうが応募規定をクリアしている素人であればOKとのこと。非常に興味深い内容ではあります。また、番組のホームページには『元○○など立場は問いません』と記載されているので、亀田のように格闘技から離れている人でも可能ということですから、名が知れた大物の参戦にも期待したいところ。ただし、1年で200億円もの赤字を叩き出したと言われている同コンテンツが、そうやすやすとい素人に1000万円をプレゼントすることも考えづらい。そのため挑戦者選びも出来レースになるのでは、という声も少なくない」(エンタメ誌ライター)

 ネット民もこの企画を真に受けていないようで、「世界チャンピオンに急所打たれたらマジ死ぬから」「演出的には亀田の判定勝ちだろうな」「ユーチューバーが面白がって申し込みそう」と、コメントもほぼ茶化しだ。

 この企画が日本中で話題になるとしたら、亀田がKO負けした時だけだろう。

(本多ヒロシ)

関連記事:亀田興毅 ”希代の悪役スター”の知られざる実像「ボクサーとしてはヒール役だったが…」 http://www.asagei.com/excerpt/46051

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング