渡辺謙「NY不貞」で事務所が大慌て、民間団体からの抗議でCM降板の危機に

アサ芸プラス / 2017年4月13日 9時59分

写真

 渡辺謙が妻・南果歩のがん闘病中、米ニューヨークで元北新地クラブのナンバー1ホステスとの不貞を「週刊文春」にキャッチされた。

 渡辺といえば、米ハリウッドでも活躍し、好感度も高かったことから数多くのCMに出演していたが、さすがに闘病中の妻の目を盗んで不貞していたことで最悪のイメージがついてしまったようだ。

「何かと不貞に厳しい昨今ですが、渡辺さんに関してもテレビ局や出演するCMのクライアント企業に対し、不貞反対の民間団体から抗議電話が雨あられのように殺到しています。さっそく大手証券会社が渡辺さんをCMから降板させる動きを見せています」(テレビ局スタッフ)

 そうしたなか、渡辺の所属事務所も混乱を極めて、所属事務所の会長みずからが女性誌の取材に応じて、「離婚はない」「まず果歩さんに謝ること」などとコメントする事態となっている。

「渡辺さんの所属する芸能事務所の会長といえば、芸能界の実力者として知られる人物で、マスコミの取材に応じるのは異例のこと。それだけ所属事務所のほうも、今回の渡辺さんの不貞騒動には頭を抱えているということです。すでに渡辺さん本人は帰国しているのですが、所属事務所サイドはマスコミ各社に対し、近日中に渡辺本人に会見をさせることを約束する代わりに、空港での渡辺への直撃取材を自粛するように依頼しました。とはいえ、いまだに渡辺さんの会見が開かれていないところを見ると、所属事務所も打開策に四苦八苦しているのでしょう」(前出・テレビ局スタッフ)

 渡辺は人生最大のピンチを乗り越えることができるのだろうか。

(しおさわ かつつね)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング