NHK杉浦友紀 「70メートル走ロケ」で62回も揺れていた! 「シースルー衣装の中で上下左右の激動が…」

アサ芸プラス / 2012年9月14日 10時54分

朝からムニュムニュぶる~ん! NHKが揺れた。「おはよう日本」のスポーツキャスターを務める杉浦友紀アナ(29)が、番組中に爆乳を「真夏のバザール大売り出し」していたのだ!

 杉浦アナといえば、入社1年目でいきなり推定Fカップの谷間チラリを全国放送されたNHK屈指の巨乳アナ。福井放送局時代には“北陸のスイカップ”と称賛され、今年4月からいよいよ名古屋放送局から東京本局に異動となり「おはよう日本」のスポーツ担当として奮闘中だ。

 女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏も猛プッシュする。

「見どころは7時30分頃の『おはスポ』のコーナーです。毎回、杉浦アナがパネル画面を指し示して解説するシーンでは、ボリューム感たっぷりのYC(ヨコ乳)ショットを見ることができます。深夜番組ではセクシーなコスプレにチャレンジしたこともありますが、ムチムチした体つきはお堅いニュース番組には収まりきらないエロスな異彩を放っている。特に、タイトな衣装の時には圧巻すぎる豊乳絶景を拝むことができます」

 8月15日の放送では、珍しくスタジオを出てNHK放送センターの外で4人のアーチェリーメダリストを迎えての屋外ロケとなった。放送センター建物横にアーチェリーの的を設置、70 メートル離れた射撃地点まで実際に杉浦アナが走って伝える、体当たりレポートだ。

 体にピタッと張りついたパンツルックの杉浦アナだが、上半身は黒のシースルーのブラウス。下には白いチューブトップで「ガード」を固めた形だ。まさに縦揺れからの転倒、ハミ出し、横漏れ対策も万全といういでたちで生中継!

「私、とっても運動オンチですが、なるべく速く走ります。行ってきま~す」

 いきなり「大型2気筒のエンジン」をブルルンと震わせ勢いをつけてスタートダッシュ。杉浦アナが後ろ姿となったところでカメラはすかさずゴール地点に切り替わり、激走する杉浦アナを遠景で捕捉する。

 杉浦アナが懸命に腕を振ってダッシュすると、体を上下させるたびにポニョポニョと胸のバスケットボールが大きくバウンドする。

 運動オンチというだけあって走るのが上手とはいえない杉浦アナは、残り30メートルの標識を過ぎると右へ左へと横揺れしながら激走する。

 と、「左右のねじれ運動」が加わり最突起部分は渦巻くように妖しく動く。ムニュムニュッと音が聞こえてきそうなほどツイストするのだ。残り20メートル、10メートル‥‥。杉浦アナの胸の標的が徐々に近づくと、最後のダッシュはダムダム、ボヨンと大きく胸をジャンプさせ、そのままダンクシュートでネットを揺らすように弾んでゴールイン!

 結局、乳揺れの回数は実に62回(本誌調べ)。ロンドン現地入りこそ同局五輪キャスターの山岸舞彩(フリー)に譲ったものの、持ち前の「至宝の乳」で大金星アピールをしたのだった。

「本当にどれだけ大きいんでしょう‥‥。最初は揺れないよう気を遣いながら走っていたようでしたが、手がつけられないほど揺れてしまうんですから。でも、今後はもう少し胸を強調した攻めの衣装を着用したり、屋外レポートのシーンも増やし通勤前のサラリーマンたちの潤いになってほしいですね」(前出・丸山氏)

 暑さでしばらく気づかなかったが、遅ればせながら、アサ芸から杉浦アナに「乳揺れ金メダル」を贈呈したい。感動した!

【関連記事】

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング