坂口杏里「夜の飲食店への移籍宣言」が削除で囁かれる「艶DVDトラブル」!

アサ芸プラス / 2017年8月24日 5時59分

写真

 艶系女優への転身、知人ホストへの恐喝容疑など、何かとお騒がせの坂口杏里が、今度は「夜の飲食店」に移籍”したと8月20日の自身のツイッターで報告した。

「6月中旬から六本木の会員制ラウンジで働きはじめ、《7月度総合ランキングが一位だったみたいです!》《正直夜の世界1ヶ月続いた事が初めてでプライベートの時間なんて作らないでただがむしゃらにやってきた結果なのかな》など喜びのコメントをアップしていたのですが、その直後に夜の飲食店に移籍したとSNSに書き込んでいたのです」(スポーツ紙記者)

 ツイッターでは「六本木のラウンジを辞め、明日から[○○○(※伏せ字は店名)]で働く事になりました!!」と店名まで明かしている。

「その店は、全国展開している大手の夜の飲食店グループが運営しており、業界では知られた店。グループサイドが一部では坂口を広告塔に引き抜いたのではないかと言われています」(風俗誌ライター)

 坂口のこの報告を受けネットでは「もう迷走してますよね」「ホスト通いにのめりこまず真面目に働けばよいのだが」と心配する声や、中には「批判もあると思うけど、めげずに頑張ってほしい」と応援する声もある。しかし、坂口自身から夜の飲食店の移籍が報告された直後、今度はそのツイッターやインスタグラムが削除されるという事態に。

「何と坂口が店名を公表したインスタは8月21日までに削除され、18日から4日間にかけて投稿したと思われるツイッターの書き込みが、ツイッター運営サイドによるメッセージにすり替わっていたのです。つい数日前まで夜の飲食店移籍を楽しく語っていたのに、これは何かトラブルがあったとしか思えません」(前出・スポーツ紙記者)

 ちなみに店のホームページを見てもキャスト欄には坂口らしき女性は掲載されていない。

「9月には新しい艶系DVDもリリースされますが、これだけ話題性があると誰でも会いに行ける夜の飲食店のようなお店で働くのは難しいと考えるのが妥当です。そのあたりの問題もあって迷走しているのでは…」(前出・風俗誌ライター)

 詳しい事情を知るには、もう少し様子を見るしかなさそうだ。

(窪田史郎)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング