リリー・フランキー「70万円恋人ラブドール」と居酒屋デート

アサ芸プラス / 2012年11月21日 10時0分

「リリコ、お前も一杯どうだ?」に店内ドン引き!

 これははたしてネタなのか、大真面目な趣味なのか。マルチタレントのリリー・フランキー(49)が公然と連れ歩く「恋人」があまりにスゴイと評判になっている。その「デート現場」をのぞいてみると‥‥。

 都内のある居酒屋。イベント出演を終えたリリーは、スタッフらとともに打ち上げに参加する。そこには当然のように、車椅子に乗せた「恋人」も同伴していた。いや、決して体のどこかが不自由なわけではない。確かに自力では動くことも話すこともできないのだが、それも「ラブドール」なら当たり前のことなのである。

 リリーの恋人「リリコ」は、70万円をかけたシリコン製の特注品。ロングヘアに端正な顔だち、そして豊満なボディが悩ましい。残念ながら、彼女にお通しは出されなかったようだが、「ウチのはかわいいよ」と目を細めるリリーからは、同席した女性スタッフに、「リリコと会話してやってよ」

 というシュールなお願いも出たという。だが、当のリリコ嬢はじっと前を見据え、無言のままである。テレビ関係者が言う。

「リリーはさらに、『リリコ、お前も一杯どうだ?』と彼女に酒を勧めたりと、周囲がドン引きするほどの愛情を注いでいた」

 実は、リリーが「恋人」を人前で公開するのはこれが初めてというわけではない。10月3日、タモリが司会をするバラエティ番組「笑っていいとも!」(フジテレビ系)の「テレフォンショッキング」コーナーにゲスト出演する際、「今日は彼女を連れてきました」と言って、リリコ嬢を紹介しているのだ。リリーいわく、「昨日、109(渋谷のファッションビル)に服を買いに行って、2時間かけて着せました」

 車椅子に座ったままのリリコ嬢は黒い洋服を着ていたのだが、

「リリコは(独身の)僕が死んだ時、喪主を務めることになっていますので、黒い服なんです」

 などと説明を加え、昼の生放送中にもかかわらず、胸をサワサワ。さらに「おっぱいの色はピンクを選んだ」との生々しい発言で、これまた観覧客を凍りつかせたのだった。前出・テレビ関係者が語る。

「リリーはこのラブドールを、みうらじゅん氏と買いに行ったそうです。みうら氏のお相手の名前は『エリカ』。今年公開された沢尻エリカ主演の映画『ヘルタースケルター』で、沢尻の役名がリリコですが、双方とも、どうもここから取ったような‥‥。理想の女性像が沢尻なのかもしれません」

 50歳目前のいいオトナが‥‥と思わずにはいられないが、どうぞお幸せに。

【関連記事】

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング