松嶋尚美の正直な「マヂカルラブリー評」がネット民から大好評

アサジョ / 2020年12月28日 10時15分

写真

 お笑いタレントの松嶋尚美が12月24日放送の「バイキングMORE」(フジテレビ系)に出演し、M-1グランプリ2020を制したマヂカルラブリーのネタについて「コントだと思う」と言及している。

 マヂカルラブリーは20日に開催された“漫才日本一”を決める同大会にて、過剰に揺れる電車内でのコミカルな動きを取り入れたネタを披露。ボケの野田クリスタルは終始激しいジェスチャーのみで笑いを取り、途中には床を転げ回る場面もあった。

 そんな野田の動きに対し、相方・村上がしゃべくりでツッコミ続けるという構図となったが、センターマイクから距離を置いて転げ回るというネタについて、巷では「これは漫才なのか?」「コントはコントの大会でやってください」との声が殺到。

 一連の騒動に関し、見解を求められた松嶋は「こういうコンテストに予選落ちしてたくらいのグループの私が言うんだけど」と謙遜しつつ、マヂカルラブリーのネタは「コントだと思う」と指摘。続けて「スタンドマイクがあって、スタンドマイクを中心にやらないとピンマイクを主で使うようじゃやっぱり…。その場でちょっとしたキャラクターになることはあっても、(今回のネタは漫才とは)違うんじゃないかな。面白かったけども、って思いました」とし、彼らのネタは松嶋の考える漫才の定義からは外れるものだったという。

「スタジオには、長年にわたって漫才を披露し続け、M-1グランプリでも王者に輝いた実績を持つフットボールアワーの岩尾望も出演。物議を醸したマヂカルラブリーのネタについて、『(漫才っぽくなくても)なんでもええやん』とのスタンスを示し、他の出演者も軒並み擁護の姿勢でした。そうした中で、松嶋は彼らのネタを“面白かったけど”と前置きしつつ、正直に違和感を表現。これはとても勇気のいる発言だったとして、MCの坂上忍からも素直な感想を評価されていました。ネット上でも『肯定的な意見が多い中で、自分の意見が言えるのはいいですね』『はっきりとコントだって言ったのはスッキリした』『その通りだと思う!』などと好評です。また、松嶋が2013年にお笑いコンビ・オセロを解散しているからこそ、現在のお笑い界について俯瞰的なコメントができるのだろうという指摘も寄せられていました。多くの芸人仲間がマヂカルラブリーのネタに擁護の声をあげている中、松嶋の見解はかなり貴重なものになったのではないでしょうか」(テレビ誌ライター)

 普段から、良くも悪くも“空気の読めない”発言でスタジオを沸かしてきた松嶋。今回、殆どの芸人と一線を画す忖度なしのコメントを残したことで、ネット民からの評価は上がったのかもしれない。

(木村慎吾)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング