桜井日奈子、コロナ太りからルックス急回復も「半値戻し」と言われるワケ

アサジョ / 2021年2月18日 10時14分

写真

 2014年に“岡山の奇跡”というキャッチフレーズで芸能界入りした桜井日奈子の美貌に世間の注目が集まっているようだ。

 桜井は16年に舞台で女優デビューを果たし、その後はドラマや映画で次々とヒロインの座を射止め、現在は全国にその名がしっかりと浸透している。ただ最近は、デビュー当時と比べると、ずいぶんとガタイが良く見えるという指摘が増え、その美女ぶりに若干陰りが差してきたともいわれていた。

「昨年4月に発令された1回目の緊急事態宣言後には顔立ちが丸くなり、ふくよかになった。同年9月に放送されたバラエティ番組『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日系)出演時には、久しぶりに見た桜井の容姿の変化に驚く視聴者が続出。桜井はコロナ太りしたというのが世間の認識としてあるようです」(エンタメ誌ライター)

 そんな桜井だが、最近のテレビ番組やインスタグラムにアップしている近影について、「あれ、痩せた?」「最近は安定して可愛いな」と、かつての輝きを取り戻していると、一部ネット民の間で話題となっている。

「最近ではYouTubeチャンネルに力を入れていることもあり、さすがに2回目の緊急事態宣言下のコロナ太りは阻止できたようですね。とはいえ、食べるのが大好きで太りやすい体質といいますから油断は禁物でしょう。また、芸能界デビューが近い橋本環奈となにかと比較されがちですが、橋本も桜井同様に食べることが好きでこちらも太りやすい体質で知られています。それでも、橋本の場合は圧倒的なルックスのおかげで“多少太っていてもカワイイ”というのが世間の評価。それに比べて、太ればネット民にすぐ目を付けられる桜井は、ちょっと気の毒ですね」(エンタメ誌ライター)

 コロナ太りは解消されルックスの良さを取り戻りつつあるようだが、デビュー当時のビジュアルがずば抜けていただけに、ネットでは「半値戻しに過ぎない」と評する声も。

 大人の色気も出始めているだけに、ルックスが完全に戻った時には橋本を脅かす存在になり得るかも?

(権田力也)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング