「ブース!ブース!」坂上忍の“女性蔑視”着ボイスが配信停止されていた

アサジョ / 2021年2月18日 16時15分

写真

 フジテレビ系「バイキングMORE」で司会を務める坂上忍による過去の“超過激発言”が、着ボイスとして同局のコンテンツストアで販売されていたようだ。

 坂上は、“ぶっちゃけ系”のバラエティタレントとして自らを売り始めた頃の2012年、「笑っていいとも!」内で「仕事とブスが大嫌い」との過激発言でスタジオを盛り上げると、その後はトーク番組でプチブレイク。

 歯に衣着せぬコメントで賛否を集めながら知名度を高め、同局「アウト×デラックス」では「女は顔だ!」「ブスは家から出るな」とも言い放ち、その毒舌芸に磨きがかかっていた。

「そんな坂上の過去の過激発言に便乗し、音声コンテンツとして販売していたのがフジテレビでした。2月17日配信の『JCASTニュース』記事によれば、フジテレビは同日になって突然、『ブスは嫌い! ブスからの電話は取りませ~ん』『ブース!ブース!ブース!』『好きなタイプは美人! 嫌いなタイプはブス…』などの種類があった坂上発言の着ボイスを販売停止。同メディアがそのワケをフジテレビに問い合わせたところ、同局企業広報室からは『ご指摘の着ボイスには不適切な内容が含まれていたため、配信を停止しました』との返答があったといいます」(芸能記者)

 同コンテンツの内容が不適切だったのはもちろんのこと、坂上は「バイキング」の中で、女性蔑視発言で世界中から非難を浴びた前東京五輪組織委員長の森喜朗氏について、「呆れるしかない」などと批判していた。よって、この時期になってフジテレビが「ブスは嫌い」などのコンテンツを販売停止したのは、女性の容姿や特徴などを揶揄することに対する世間からの風当たりが強くなってきたから、というのが正直なところだろう。

 しかも、その発言の主は同局における“昼の顔”であり、坂上にとってもフジテレビにとっても大ダメージを被る可能性があったというわけだ。

 なお、坂上を巡っては遡ること26年前、深夜に泥酔状態で運転しながら帰宅中、世田谷区内の電柱に衝突し、破壊。その後、20分ほどパトカーから逃走し続けたという騒動もあった。

「昨年10月に俳優の伊藤健太郎がひき逃げ事件を起こした際、坂上は厳しく糾弾することはせず、天狗だったという伊藤の態度について『僕よりは全然マシ』『自分も20歳そこそこは毎日酒の匂いをさせていた』などとコメント。案の定、世間からは『25年前のあなたと同じ。今どの目線で話してるの?』などと厳しい声が集まってしまいました。時を経て、ワイドショーのMCに大きくシフトチェンジしてしまったことがアダになった格好ですね」(前出・芸能記者)

「ブスは嫌い」発言など、一連の“ヤンチャな過去”を乗り越えて情報番組を回す側に立った坂上だが、ネット上では「言動がダブルスタンダードすぎる」との声や、「坂上はブーメラン界の神」とする反応まである。

 血気盛んだった過去の言動を蒸し返されてしまうのはやや酷かもしれないが、やはりワイドショーの顔を務めるには“ツッコミどころ”が満載というのが坂上に対する世間の印象なのかもしれない。

(木村慎吾)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング