1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

極貧時代の高橋メアリージュンを助けた山田優の優しさに感動の声続々

アサジョ / 2021年3月30日 10時15分

写真

 モデルの高橋メアリージュンと高橋ユウが姉妹そろって3月21日放送の「おかべろ」(関西テレビ)に出演し、極貧時代の苦労を明かした。

 2人の実家はもともと、牛乳販売店を経営しており、幼少期は5LDKの豪邸に暮らしていたが、メアリージュンが中学に上がる頃、事業が傾いたことで数千万円の借金を抱えることになったという。

 家族の生活水準は一気に下がり、すぐに豪邸から小さな家へ転居。食事面でも変化があったようで、メアリージュンは「クリスマスはケンタッキーとかチキンやケーキがあったりして、いつも豪勢やったんですけど、インスタントラーメンに卵が乗っているのがクリスマスの食事に変わって」と振り返り、「私が守っていかなあかんねやな。はよ働こう。どうやったら早く働けるかな? あ、芸能界か」とモデルデビューを決意したそうだ。

 その後、ファッション誌「CanCam」の専属モデルになると、仕事で得た7万円の収入の内、6万円を実家に入れていたと回顧。残った1万円で大好物のあんぱんを買うのが唯一の楽しみだったとし、「3等分にして、朝昼晩に分けて、平べったくしたりして、大きくして食べてました」と明かしている。

 そんなメアリージュンの極貧ぶりがモデル仲間に知られてしまう出来事があったという。

 ある日、沖縄ロケに向かうべく空港に集合したところ、メアリージュンの持ち物に一同が愕然。お金がなく、バッグが買えなかった彼女はアンダーウェアなどの荷物も全てビニール袋に詰め込んで現れたことから、周囲から心配されてしまったのだ。

 当時のメアリージュンはデニムにロンTシャツ、キャップ、スニーカーと毎日同じ洋服を着用。そんな彼女にお洒落な服をプレゼントしていたのが先輩モデルの山田優だった。

 メアリージュンは「当時、私の先輩が山田優ちゃんだったんです。優ちゃんは本当に優しいアネゴな人なので、服を沢山くれたんです。しかも姉妹にくれたんです。それは本当に助かりました」と山田の配慮に感謝した。

「数千万円もの借金は、16年の月日をかけて2019年頃に完済したようです。長女としてのガッツを見せつけた彼女には脱帽ですが、世間からは、洋服をプレゼントしていたという山田優の優しさにも感動する声が多く、『山田優って本当に優しいんだろうなぁ』『優しい方ですね。なんかクールで他人に無関心な方だと思ってました』『すごい良い話。裏でそうやって誰かを助けられるような人が信頼されるんでしょうね』『姉妹の分まで服あげるとか凄い。そこまでできる人ってそういない』との声が続出。山田優といえば、弟でタレントの山田親太朗が全く働かずにゴルフ三昧の生活を送っていた時期にも、自宅に住まわせて世話をしていたようですから、もともと面倒見が良い性格なのかもしれませんね」(テレビ誌ライター)

 山田優の夫の小栗旬は、過去に小泉孝太郎から「(山田優を)絶対手放しちゃダメ。男として嫉妬するくらい素敵で素晴らしい子」と絶賛されたという。さらに、俳優の綾野剛も共演した映画の舞台挨拶で山田優を「本当に優しい。本物の女ですね」と表現。高橋姉妹だけでなく、その界隈では山田優の評判はズバ抜けて高いようだ。

(木村慎吾)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング