ジャスティン・ビーバー、ステージ上にプレゼントを投げたファンに大暴言

アサジョ / 2016年7月19日 17時58分

写真

 ジャスティン・ビーバーが7月15日のニュージャージー州アトランティック市でのパフォーマンス中、プレゼントをステージに投げ入れたファンに暴言を吐いたと見られている。

 自分のキャップを贈ろうとジャスティンに向かって投げたファンだったが、ジャスティンはそれに強い拒否反応を示したようだ。ニューヨーク・デイリー・ニュース紙によれば、ジャスティンはパフォーマンスの中盤に「ステージ上の俺に何を投げようとしようとも、それがお前の帽子だろうとなんだろうと、そんなクソみたいなものはいらいない」と発言し、そのプレゼントを蹴ってステージの下に落としたという。

 とはいえ、感情的になって早まった対応をしたとすぐに気付いたジャスティンは、自身の「キツイ」発言を謝罪したと同時に、この一件で曲のフィーリングが損なわれたとも主張した。

 ジャスティンは以前にもファンの対応に拒否反応を示しており、自身が動物園にいる動物のように扱われているような気分になることから、今後ファンと一緒に写真は取らないとしていた。

 また、ここ4カ月ほど「パーパス」ワールドツアーを敢行中のジャスティンはプレッシャーを感じているようで、ある関係者は「ジャスティンはここ数週間かなりのプレッシャーを感じています。ファンのためにパフォーマンスすることや、作品を作ることがいまだに大好きですが、このツアーには少しプレッシャーを感じています。すでに、ファンとの集いや写真を撮ることを禁止していますが、それでも息苦しく感じているようです」と語っている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング