高知東生、高畑裕太、SMAP…米倉涼子も戦慄する“テレ朝木曜ドラマ”の呪い

アサジョ / 2016年8月25日 17時59分

写真

 8月23日、女優・高畑淳子の息子で俳優の高畑裕太が、女性に性的暴行を加えケガをさせたとして逮捕された。報道後、高畑淳子が出演するテレビドラマに注目が集まっている。

「高畑淳子がメインキャストとして出演中のドラマ『女たちの特捜最前線』(テレビ朝日系)が8月25日に最終回を迎えます。通常、テレビドラマは全10話ほどで構成されますが、同作品はわずか6話で終了となりました。これは放送前に主演の高島礼子と夫婦関係にあった高知東生が、薬物所持容疑で逮捕されたことで、話数が短縮されたと思われます」(テレビ誌記者)

 ドラマとしては異例の6話で終了することとなった「女たちの特捜最前線」。そんななか、テレビ朝日の木曜ドラマ出演者が、次々とトラブルに巻き込まれているという。

「『女たちの特捜最前線』は3人のメインキャストのうち、高島礼子は放送前に夫が逮捕。最終回直前に高畑淳子の息子・裕太が逮捕されています。そのため、もう1人のキャストである宮崎美子に対し、視聴者からは『何もなければいいけど‥‥』と心配の声が飛び交っています。また、テレ朝の木曜ドラマといえば、前クールに放送されていた内藤剛志主演『警視庁・捜査一課長』が、初回2時間SPの放送中、熊本地震が発生し、放送中止に。さらにドラマ『スペシャリスト』で主演を務めた草なぎ剛も、放送終了後に所属グループのSMAPが解散してしまうなど、次々と不幸が起きています」(前出・テレビ誌記者)

 秋からは米倉涼子主演の大人気ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の第4シリーズが放送される。これらの事態を前に、主演の米倉も戦慄しているかもしれない。

(森嶋時生)

アサジョ

トピックスRSS

ランキング