新垣結衣、最新CMでバレた超絶劣化!見た目はまるで「遠野なぎこ」

アサジョ / 2017年3月22日 18時15分

写真

 ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)のヒット以降、美人女優の代名詞ともなった新垣結衣だが、老化の波に対抗することはできなかったようだ。最新のCMで見せた姿が「劣化している」と指摘されている。

 問題のCMはお菓子メーカーのアーモンドチョコレート商品のもの。ガッキーが一人二役で「アーモンド&チョコレート」というお笑いコンビを演じている。いかにもお笑い芸人らしい派手なスーツで、向かって左の「アーモンド」はストレートのショートヘア、右の「チョコレート」はくりくりパーマ頭というスタイルだ。

 漫才のかけあいのように「今アーモンドが話題やで」「チョコレートは前々から人気やで」とトークを展開していく。

「左も右も新垣の劣化がよく目立ちます。やせたのか頬がこけていますし、ほうれい線もくっきり。まるでおばさんですね。お笑い芸人を模しているので、あえてそうしているのかもしれませんが、彼女にとってはマイナスにしかならないような気がするんですが‥‥」(女性週刊誌記者)

 特に右側のキャラクターはパーマ頭が似合っていないこともあって、とても残念な結果に。ネットでは「遠野なぎこにそっくり」と散々な言われようだ。

「遠野だって素敵な女優で悪い例にされてしまうのはおかしいんですが、これは確かにそっくりですね(笑)。やつれた感じなんか瓜二つです。今ではガッキーが遠野にしか見えなくなってしまいました」(芸能ライター)

 いっそのことガッキーと遠野でお笑いコンビを組んでみますか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング