NHKは顔面蒼白!「ギャラクシー街道」で露呈した三谷幸喜の“才能の枯渇”

アサジョ / 2015年10月29日 9時58分

写真

 興収2億7000万円を売り上げ、週末動員ランキングでも1位を獲得!

 こう聞けば、24日公開の三谷幸喜監督の新作「ギャラクシー街道」は大成功だったと、誰もが思うに違いない。同日公開にライバルとなる新作がなかったこともあるが、三谷ファンはもちろんのこと、宣伝用に監督や出演者のテレビ出演をこれでもかとかました効果もあり、大勢の観客が「待ってました!」とシネコンへ押しかけたように見えた。

 ところが、だ。実はこの待望の新作の公開週に動員数は三谷監督の前作「清須会議」の約半分。その時点で暗雲が立ち込めているわけだが、さらに「三谷本人も真っ青なのでは?」と言われるほど、レビューでもこれ以下はないほどの酷評に晒されているからヤバい。ツイッターやレビューから少し拾い出してみても、「三谷映画史上、サイテーのつまらなさ」「香取慎吾と三谷のセットが救いがたい駄作を生んだ!」「有名人たちのさぶ~い喜劇のゴミ箱」「エンケンさん(遠藤憲一)の出産シーンが面白いと思ってる時点で、三谷は終わった」など、挙げ出したらキリがない。

「ヤフーサイトでは、土日の公開後に5点満点で平均点1.8というトンデモ評価を受けています。今年の話題作でレビュー評価が1点台だったのは、あの『進撃の巨人・前編』とこの『ギャラクシー街道』だけではないでしょうか。個人的な感想ですが、普段からおちゃらけている香取や天然キャラの綾瀬はるかにギャップで笑わせる芸当は無理ですし、他のキャストのどのシーンもくすりとも笑えなかった。むしろ観ていて恥ずかしくなるレベルでした。つまり、公開直後こそ監督やキャストのネームバリューでかろうじて1位を獲得できましたが、とても口コミで広がるような出来じゃない。2週目以降に大失速するのではないかという見方もあり、三谷監督史上、最悪の大コケになるのではと危惧されています」(エンタメ誌編集者)

 また、こういった酷評の嵐は来年のNHK大河ドラマ「真田丸」にも飛び火しているという。

「漠然と三谷幸喜脚本ということで面白いものになるのではと楽観していた人たちが、一斉にどよめいているそうです。観客とのズレが完全に生じてしまった“ギャラクシー”のスベリっぷりが、そのままドラマにも影響したら大変ですからね。注目度が高い分、視聴率がダダ下がりになることもありえる」(テレビ誌記者)

 一方で、今回の酷評祭りにより関係者の目が覚めて、三谷のやりたい放題にさせない可能性も高くなったとプラスに考える人もいるというのだが‥‥。どんな天才も才能の枯渇を感じさせる瞬間は必ず来ると言われるが、「ギャラクシー街道」が三谷の“その瞬間”でないことを祈るばかりだ。

(水谷とおる)

アサジョ

トピックスRSS

ランキング