安藤優子、斉藤由貴と山尾志桜里の「不貞報道」に疑問を呈して視聴者失笑

アサジョ / 2017年9月7日 18時14分

写真

 安藤優子キャスターが、情報番組「バイキング」から「直撃LIVE グッディ!」へのリレータイムで5日、6日の2日にわたってW不貞騒動に疑問を呈した。6日の放送では「週刊文春」がスクープした民進党の山尾志桜里衆院議員の不貞疑惑について「いったんは幹事長という党の顔に内定していて、前原代表が取り消さざるをえなくなった。それほど重みのある疑惑報道なのかという感じもするんですが」とコメント。

 その前日の5日には、同日発売の「FLASH」にキス写真を掲載された斉藤由貴のW不貞疑惑に言及。「大人の恋っていうのは許されないんですかね?」と疑問を投げかけ、さらに「斉藤さんのご職業は女優さんです。女優さんって過去にいろんなキャラクターの人がいるわけじゃないですか。あえてその奔放さをウリにする方とか、そういう人が私はいてもいいと思うんですけど、ダメですかね?」と、変わった切り口から斉藤擁護ともとれるコメントを放っている。

 これについてネット上では「いやいや、他の人が言うならまだしもあなたが言うのは違うでしょ」「あなたも経験者ですからね」「その発想がなければ、2回も略奪婚しないわな」といった声が上がるなど、安藤の発言に苦笑する視聴者も多かったようだ。

「安藤も2度の不貞略奪婚を報じられて幸せを掴み取っている立場。そのため、今回の発言自体がウケ狙いのように感じてしまいますが、彼女のメンタルの強さには驚かされます。ただ、安藤の論に立てば、女優はキャラが合えば不貞OKで、それをウリにすればいいということになりますから、ちょっと的外れですね」(エンタメ誌ライター)

 安藤の解釈は「大人の恋=不貞愛」ということのようだが、その考え方に視聴者の共感は得られなかったようだ。

(本多ヒロシ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング