大人の虫歯は詰め物のすき間が原因!?「再発虫歯」にご用心!

アサジョ / 2018年1月13日 18時14分

写真

 虫歯といえば、子どもの頃に歯医者さんへイヤイヤ通ったことがあるという方も多いのでは? でも、大人になってからだって、もちろん虫歯リスクはあります。子どもと違って、大人の虫歯にはある特徴があるといわれています。

 例えば「再発虫歯」は、大人虫歯の一つだといわれています。再発虫歯とは、歯の詰め物が劣化し、詰め物と自分の歯との間にすき間ができてしまい、歯垢(プラーク)という細菌の塊がたまりやすくなることで、二次虫歯になることをいいます。ではなぜ、すき間ができてしまうのでしょうか。

 ホワイトホワイトデンタルクリニック院長の石井さとこさんによると、歯科用の樹脂素材であるコンポジットレジンを詰めた場合、固まるときに収縮することから、きちんと接着しないとすき間ができやすいのだそうです。厚生労働省のe-ヘルスネットによると、二次虫歯は一度虫歯になった歯なので、より歯の奥深くに進行することが多いのだとか。

 もし、以前に虫歯になって詰め物をしたという方は、歯医者さんで二次虫歯になっていないか、すき間ができていないかを、一度確認してもらうとよさそうですね。

アサジョ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング