南明奈、結婚するする詐欺よりも深刻な「ダレダレ詐欺」とは?

アサジョ / 2018年3月13日 7時15分

写真

 本当に結婚する気はあるのか?

 よゐこ・濱口優と4年半にわたって交際を続けている南明奈に対して、ダウンタウンの浜田雅功が「どうすんの、する気あんの?」とズバリ切り込んだ。3月8日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に出演した南は、浜田の問いに対して「もちろん未来は考えてる」と答えたものの、「未来に備えて準備をちゃんとしてから」と煮え切らない態度に終始。松本人志からは「1年後も状況は変わらないよ」と皮肉られる始末だ。

「もはや南の結婚話は、浜田が茶化したように『するする詐欺』の領域に入っています。彼女は未だに若々しさを保っているものの、芸歴はすでに15年にも及んでおり、業界では立派な中堅タレント。来年5月の誕生日には30歳を迎えるとあって、動きがあるとすれば今年中でしょう。ただ極度の偏食で知られており、わりとグルメ寄りの濱口と一緒に暮らしていけるのかと心配する声も少なくありません」(週刊誌記者)

 そんな南だが、今回の「ダウンタウンDX」で視聴者が驚いたのは、結婚とは別の点にあったという。テレビ誌のライターがささやく。

「スタジオでは性転換手術をしたGENKINGや女装家ナジャ・グランディーバの横に座っていた南。その並び順も影響したのかもしれませんが、『GENKINGの隣にいるのは誰?』と、南であることに気づかなかった視聴者もいたようです。黒髪ショートにイメチェンしていることから『佐藤栞里に似てるけど違うよね』といった声もあり、なかにはおねえタレントと勘違いしていた人も。濱口との結婚話になって初めて、『南明奈だったの!?』と驚いた視聴者もいたようです。これではまるで、するする詐欺どころか『ダレダレ詐欺』ですよ。最近はテレビ出演が減っていることもあり、濱口の話題を除けば存在感が相当薄れているようです」

 ちなみに南が髪を切ったのは16年11月で、1年以上も昔のこと。しかし現在の黒髪ショートがまったく浸透していないあたりに、南の立ち位置が表れていたようだ。

(白根麻子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング