父娘芸人「完熟フレッシュ」、入った事務所が大正解な理由

アサジョ / 2018年3月18日 10時15分

写真

 今年元日放送の「新春おもしろ荘」(日本テレビ系)で、オンエア直後からSNSを中心に話題をさらっているのが池田57CRAZY(42歳)と池田レイラ(12歳)の父娘コンビ「完熟フレッシュ」。テレビ誌ライターが解説する。

「元々、池田57CRAZYはロックスター池田という芸名で、お笑いコンビ『ロックンロールコメディショー』としてサンミュージックに所属していましたが、2013年に解散しています。その後、芸人を引退。家庭のためにスポーツジム・ライザップに勤務しましたが、結局、離婚し、娘と再び芸人として復帰したようです。有給休暇を使って出演したという『おもしろ荘』では、売れない芸人を続ける父親に迷惑を被った娘が、辛辣な正論を吐きながらグーパンチで厳しくツッコミを入れ、『生まれてくる家間違えた!』と叫び、爆笑をさらった。これを機に、大手芸能事務所・ワタナベエンターテインメントに所属しています」

 テレビで脚光を浴びて、ワタナベエンターテインメント入りした経緯は「にゃんこスター」と重なる。ブルゾンちえみwithB、サンシャイン池崎、あばれる君など、バラエティ番組向きの若手を売り込む実績がある同事務所だが、こんな“特典”もあるのだとか。

「2007年頃に『女王様キャラ』でブレイクした、にしおかすみこですが、ほどなくして消えていき『一発屋』と呼ばれる存在に。ところが、2011年に“あの人は今”的に出演したテレビ番組で、営業などの収入で年収1000万円を超えていることを告白し話題になりました。さらに、同事務所のギター侍・波田陽区も、全く売れていない時期でも着ボイスで稼いだ収入などで1億円近い貯金があったとか。昨今、芸能界の“奴隷契約”が話題になっていますが、ワタナベエンターテインメントでは無縁な話のようです」(前出・テレビ誌ライター)

「入った事務所がよかった!」ではネタにもならないが、父親に付き合わされて芸人をやらされている女子中学生・レイラには、幸せになって欲しいと願わずにはいられない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング