お局様といわれないために!ビジネスマナーの“ちょい足し”ワザ

アサジョ / 2018年4月27日 18時14分

写真

 オフィスではそろそろ“お局様”と呼ばれそうになっている人だって、日々成長していかなければなりません。「まだまだ未熟ですから」と思っている人も多いはず。そんな、謙虚で向上心のあるあなたに、ちょっとしたビジネスマナーをご紹介しちゃいます。マスターすれば、ワンランク上のビジネスウーマンに!

●相手の話を覚えておき、名を呼んで感謝する

 不動産投資を行う星輝さんの「不動産投資でゼロから7年間で1億円貯めた私の方法」(東洋経済新報社刊)によると、「みんな自分のことを認識してもらいたい」と思っていることから、その欲求を満たすことが会話においては一番大切なんだとか。そのためには、以前話してくれた内容を覚えておき、相手の名前を呼ぶといいそうです。「○○さん、あのお話し、とても役に立ちました。ありがとうございます」と言うと、相手の欲求を満たすことになるので、とても喜んでもらえるそうですよ。

●「そうなんです」の後に、プラスワン情報を添える

 コミュニケーションのスペシャリストである野口敏さんの「一瞬で人に好かれる話し方」(学研プラス刊)によると、“プラスワン”の情報で、話しやすい人になれるのだとか。「昨日は飲みに行ったんだって?」とよく言われることがありますが、そのときに、「ええ」「まあ」では会話は続かず、「話しにくい人だな」と思われてしまいます。「ええ、総務の○○さんと行きました」などのプラスワン情報を添えることで、「あなたと話す気がありますよ」「どんどん質問していいですよ」となるのだそうです。

 職歴が長いからと大きく構えてばかりでは、それこそ“お局様”になってしまいますよ。対人スキルを身につけることは自分のためにもなりますから、ぜひ、チャンスが来たら使ってみてくださいね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング