普通は耐えられない?玉木宏の「結婚の条件」を飲んだ木南晴夏に称賛の声

アサジョ / 2018年7月2日 12時45分

写真

 6月29日、玉木宏と木南晴夏が結婚を正式発表した。6月28日発売の「週刊文春」によると、結婚情報が事前に漏れてしまったのは郵便の手違いが原因だという。

「玉木は『26日に木南晴夏さんと入籍いたしました』という手紙をファンクラブ会員に向け、送っていたそうです。ところが到着日を月末に指定したにもかかわらず、一部が20日に到着してしまうというミスが発生。その結果、正式発表よりも前に一部スポーツ紙などで報じられることとなったようです」(芸能記者)

 玉木といえば過去、深田恭子、島谷ひとみ、吉高由里子、加藤ローサなど、そうそうたる女優たちとの熱愛が噂されてきた。しかしその女性たちとゴールインに至らなかったのは、玉木の結婚条件を飲めなかった可能性があるようだ。

「『週刊文春』にて、玉木の友人を名乗る者がインタビューに答えており、その人物によると、玉木は『大家族で孫・ひ孫まで同居の生活が最高。妻はサザエさんみたいな、とにかく明るくて家族内でうまく立ち回れる人であってほしい』と語っていたとのこと。そのため木南は、同居生活を受け入れたことで、結婚に繋がった可能性があります」(前出・芸能記者)

 これらの報道に、ネットの女性たちからは「いくら玉木さんでも、義理の母親や妹と同居なんて、私だったら絶対無理!」「普通だったら息が詰まりそう。木南さんはスゴイな~」と、同居を決めたと思われる木南を称賛する声が飛び交っている。

 世間からの好感度が高い2人だけに、このまま幸せな家庭を築いていってほしいものだ。

アサジョ

トピックスRSS

ランキング