タモリと中園ミホの「不貞疑惑」に対し“シロ判定”が多い理由

アサジョ / 2018年7月20日 18時14分

写真

 タレントのタモリが7月19日発売の「週刊新潮」に脚本家の中園ミホ氏との不貞疑惑が報じられ、世間を騒然とさせている。

 記事によると、東京・品川にある中園氏の自宅マンション付近を昼下がりに往来し、周囲を見回していたというタモリ。単なる“お昼休みのウキウキウォッチング”かもしれないが、いつものサングラスではないメガネをかけ、帽子にマスクという出で立ちで、中園氏のマンションから出てきたという。タモリの所属事務所社長は同誌の取材に対し、「事実じゃないと思いますけど」と答えている。

「今回のタモリにかけられた不貞疑惑についてはネット上でも意見が分かれていますが、その大半は『タモリの交友関係が広いだけ』『社長がそう言うんならそうじゃない? 自分もそう思う』『ただの友人かもしれないし』『ただ呑みに来たとかじゃないの?』という“シロ派”。また、街の探索を好むタモリの性格から『単にブラブラしてたんじゃない?』といった指摘や、『(不貞疑惑が)違うと信じたい』との願いを含んだ声も見受けられました。世間はタモリがこの年齢(72歳)になって、バッシングを受けるところを見たくないと感じているのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 過去に「やまとなでしこ」(フジテレビ系)や「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)など、多くの人気ドラマ作品を手がけてきた中園氏だが、果たして自らもドラマチックでキケンなロマンスを楽しんでいるのだろうか?

(木村慎吾)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング