森田剛と宮沢りえの熱烈「路チュー」報道にもう一つの問題指摘

アサジョ / 2018年7月24日 10時14分

写真

 週刊誌「女性セブン」8月2日号にて、女優の宮沢りえとV6の森田剛のラブラブ家族デートが報じられ、ネット上では様々な意見が飛び交う事態となった。

 目撃されたのは、7月15日の東京・青山。同誌によれば、3月に結婚したばかりの森田と宮沢、そして9歳の宮沢の娘を含む3人が信号待ちをしていた際、宮沢は、タバコに火を灯そうとしていた手を止めた森田に顔を近づけると、周囲の人だけでなく、同行した娘の視線さえも気にせず、そのままキスを敢行。数秒が経過しても2人が離れる気配はなかったと報じられている。

 有名人でありながら、もはや通行人も9歳の娘も目に入らないという一般人には理解しがたい“ぶっ飛んだ”行為には、ネット上でも驚きの声が上がった。

「『いい歳して何やってるのかと思う』『ちょっと引きました。宮沢りえって周りの目気にしない人なのかなぁ』『娘さんはきっと心の底はイヤなんだと思う。。』などのほか、『路上でタバコの方が気になります』『信号待ちしてる時にタバコに火をつけようとしていたってことは歩きタバコ? 娘さんも一緒にいるのに?』など、信号待ちのタイミングでタバコに火をつけようとしていた森田の行為にも注目が集まってしまいました。路チューに歩きタバコ疑惑と、ダブルパンチを食らってしまったようですね」(テレビ誌ライター)

 路チューはともあれ、娘の前での喫煙には気を付けてほしいところだ。

(木村慎吾)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング