勝地涼「ヒモメン」のエリート医師役で“前髪クネ男”卒業へ

アサジョ / 2018年8月4日 18時15分

写真

 放送中のドラマ「ヒモメン」(テレビ朝日系)で川口春奈演じる看護師のヒロイン・春日ゆり子に片思い中のイケメン医師・池目亮介を演じている勝地涼。ゆり子の恋人である窪田正孝演じる無職の碑文谷翔を蹴落として、なんとか自分がその座に就こうと悪だくみする役どころを好演している。

 ネット上では「キャストはいいのに脚本がいまひとつ」「コメディなのにテンポが悪い」など批判的なコメントも見受けられるが、なかには「前髪クネ男と佐藤仁美が出てくると落ち着く」といった声もあった。この“前髪クネ男”こそ、勝地が過去に演じた伝説のキャラクター。勝地は13年上半期放送「あまちゃん」(NHK)の13年8月27日放送128話に出演。“俳優TOSHIYA”を演じ、前髪ばかりいじるチャラいキャラクターだったため、のんこと能年玲奈演じるヒロイン・天野アキが「前髪クネ男」とあだ名を付けたのだ。

「いまだに勝地はどんな役を演じても“前髪クネ男”と呼ばれているようです。半年間も続いた『あまちゃん』全156話のうちたった1話にしか登場しなかったキャラでしたが、多くの人々の記憶に残っており、勝地も喜んでいると聞いています。しかしその反面、前髪クネ男以上のインパクトを残せるキャラを演じていないことにも悩んでいるのだとか」(テレビ誌ライター)

 妻帯者となった勝地には「前髪クネ男」呼ばわりをストップさせるほどインパクトのある「池目先生」を演じてほしいものだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング