松潤への指摘が炎上!釈明に追い込まれた高橋メアリージュンに同情の声

アサジョ / 2018年9月4日 13時5分

写真

 8月30日に放送されたバラエティ番組「VS嵐」(フジテレビ系)に、高橋メアリージュンがゲスト出演した。同番組での高橋の発言が、一部ジャニーズファンの反感を買ったという。

「番組で高橋は、芸能界入りする前に留学していたアメリカでのニックネームが『MJ』だったと明かしました。しかし日本でMJといえば松本潤というイメージが強いため、『真似してるみたいな反応される』『よく考えたら松本潤さんって、ジュン・マツモトだからMJじゃなくてJMじゃないですか?』と冗談交じりに指摘。この発言が一部の嵐ファンの逆鱗に触れたようです」(テレビ誌記者)

 高橋としては番組を盛り上げるために言った冗談だったのだろうが、一部ファンは彼女の発言に対し「MJ=松本潤はおかしいとかさ、そこに物申したらあかんやろ?」「高橋メアリージュン、無理かも」「うざい」という辛辣意見のほか、物騒な予告を思わせる書き込みまで飛び交った。

 すると高橋本人が、ツイッターで今回の件を釈明する事態に追い込まれたという。

「高橋はツイッターで『「あんたもよくよく考えたらMTやん」ってツッコミを期待して言っただけに不思議な空気になっちゃいました… それだけ松本潤さんは日本で一番有名なMJですよって伝えたかっただけなんだけど、テレビって難しいな』と釈明しました。さらに『毎日ポジティブな人達に囲まれていたから久々に「うざい」とか聞いてチクっとしちゃったみたい』と、嵐ファンのバッシングに精神的ダメージを受けていることも告白。これに対し、ネットでは『メアリージュンちゃん、本当に可哀想!』『彼女に悪気なんてないのになぜ叩くの? 嵐ファンは怖すぎる』『こんなんじゃもう誰も嵐に冗談を言えなくなるよ』と高橋への同情の声が殺到しています」(前出・テレビ誌記者)

 この件は大きな注目を集めているため、今後、共演者たちは、これまで以上に嵐に気を使うようになるかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング