高橋克実、強風でパカパカ浮いていた「頭髪秘話」を明かす!

アサジョ / 2018年12月11日 10時14分

写真

 12月4日放送の「有吉弘行のダレトク!?」(フジテレビ系)の「スナック有吉」コーナーにゲスト出演した高橋克実が語った頭髪秘話が話題になっているようだ。

 現在、俳優を続けながら情報番組「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)のMCを務めている高橋。実は高橋が所属する事務所は1年契約で、遅刻3回でクビ、やりたい仕事、やりたくない仕事などのわがままは一切言えないことが判明。1998年4月期放送のドラマ「ショムニ」(フジテレビ系)第1シリーズで演じたショムニ連中からバカにされている人事部長・寺崎虎男を演じて俳優としてブレイクしたが、この放送後も本の配送バイトを続行。「『ショムニ』が終わったら後がないかもしれないと思っていた」と当時の心情を明かした。

 また、当時は右サイドに生えている少量の髪の毛を伸ばし、左サイドに向かって「パカッと乗せてハードスプレーで留めていた」そうで、「強い風が吹くと髪の毛がパカパカ浮いてしまう」ことから、ショムニメンバーだった戸田恵子からフタ付きオイルライターの「ZIPPO(ジッポ)」とあだ名を付けられていたと説明し、スタジオ内を沸かせた。

「高橋は2014年5月30日放送の『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)でもこの日と同様の毛の逸話を明かし大きな話題となりましたが、何度聞いても面白いのは高橋のサービス精神から来るトーク術が大きいでしょう。『グッディ!』で共演する安藤優子キャスターのことも歯に衣着せず『とにかくイケメン好き』『酒を飲むピッチが驚くほど速い』『飲み会の時はより上司らしくなって、1次会にだけ出席して「あとはよろしく!」と私の背中を叩いてスパッと帰る』など、身振り手振りを交えて面白おかしく話していました」(テレビ誌ライター)

 高橋にはぜひとも今度は、付け毛で当時のヘアスタイルを再現し、強風でパカパカ浮いてしまう髪の毛を見せてもらいたいものだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング