「絶対見下してる!」坂上忍がゲストを完全無視で視聴者のうっ憤爆発

アサジョ / 2018年12月13日 10時15分

写真

 生放送のバラエティだからこんなこともある? というフォローでは視聴者は納得できていない様子だ。

 12月11日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、取り上げた体操協会のパワハラ問題に関してMCの坂上忍の議論が白熱。そのため、その後に控えていたゲストが出演できない事態が発生した。

「問題になっていた塚原夫妻がパワハラ認定されず、日本体操協会がお咎めなしとした件で、番組内でバトルトークが展開されました。その後、付け人への暴力により引退した貴ノ岩の問題を取り上げる予定となっており、元関取の大至氏をゲストコメンテーターに呼んでいた。ところが番組が押してしまい、大至氏は出演することもなく控え室に戻っていったそうです。直後の番組『直撃LIVE グッディ!』とのリレー中継で安藤優子キャスターから『そういえば大至さんが控え室に戻ってきました。今日はピンクのお着物をお召しでしたよ。一応ご報告まで』と苦言を呈されていましたが、お茶の間でもこの対応が批判を生んでいるようですね」(エンタメ誌ライター)

 坂上といえば、ゲストや出演者の知名度で態度を変えるというのが“定説”になっているが、今回も「元相撲取りぐらいどーでもいいと思ったんだろ」「大物だったら絶対にこんな扱いしなかったよね」「ただの権力へーこら男」など、坂上へのうっ憤が爆発しているようだ。

 安藤アナにツッコまれ「すみません、ほんと、すみません」と平謝りだった坂上。テレビの生放送には付き物のアクシデントとも言えるが、世間は「名のある人だったら坂上の態度は違っていた」と決めつけているようだ。

(飯野さつき)

アサジョ

トピックスRSS

ランキング