絶好調「3年A組」唯一の懸念は菅田将暉の説教が長すぎて“あの先生”に見える点

アサジョ / 2019年2月17日 10時15分

写真

 俳優・菅田将暉が主演するドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)の第二部・ヒーロー編が2月10日にスタート。生徒役の女優・福原遥が大きくフィーチャーされ、福原がかつて演じたキャラクター名“まいんちゃん”がトレンド入りするなど、大きな注目を集めている。

「かつて水泳部に在籍していた水越涼音(福原)は、水泳部の顧問・坪井(神尾佑)からハラスメントを受け、退部。景山澪奈(上白石萌歌)を自死に追い込んだフェイク動画の黒幕が坪井であると確信した涼音は、告発動画を撮影してネット上に投稿。ところがフェイク動画の黒幕が坪井ではないことが明らかになり慌てるも、告発動画がアップロードされていないことを知り胸をなで下ろす。ところが、それを見た菅田演じる柊一颯が激昂して、涼音を無理やり立たせて『お前は取り返しのつかないことをやろうとしたんだ!』と詰め寄るシーンに、『迫力ありすぎて一気に世界観に引き込まれた』『菅田くんの迫力がすげぇ』といったコメントがネットでも躍りました」(エンタメ誌ライター)

 また一颯の前に怯えきった表情を浮かべ、大粒の涙を浮かべ号泣する涼音演じる福原も自身のインスタグラムで、「一颯先生の言葉と表情に心が痺れました。涼音の心にもちゃんと響いてほしい」とコメント。これに対して「鬼気迫る感じメッチャ良かったよ」「まいんちゃんトレンド入りが昨夜から話題になってますね!泣き顔の破壊力半端なかったです」「鳥肌」「オーラが。。。」といった声が早速、寄せられた。

「福原は小学1年生の頃から子役として活躍。2009年から2013年まで子供向け料理番組『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』(NHK)のメインキャラ・柊まいん役を演じていただけに、子役のイメージを持っていた視聴者には特に驚かれたようです」(テレビ誌記者)

 そんな福原も20歳となり、去年は深夜ドラマ「声ガール!」(テレビ朝日系)に主演。5人の少女たちが共に声優を目指す人気のアニメ「プリキュア」シリーズのドラマ化が話題を呼び、さらに映画「女々演」で初主演。今春、映画「4月の君、スピカ。」でも主演するなど、ネクストブレイク女優の1人でもある。

「『3年A組』は、永野芽郁、川栄李奈、今田美桜たち若手ブレイク女優の宝庫。彼女たち生徒と菅田将暉との“号泣バトル”が人気を呼んでいます。ただここに来て、菅田の説教が長すぎて武田鉄矢演じる“金八先生”に見えてきたという声もチラホラ。バトルを煽りすぎて、逆に視聴者に逃げられなければいいのですが…」(前出・エンタメ誌ライター)

 菅田将暉主演、注目の若手ブレイク俳優の共演と見所満載だけに、失速は許されない。

(窪田史朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング