ヤギのミルクが治療薬?チャーリー・シーンはHIV治療の担当医にダマされた!?

アサジョ / 2016年2月15日 17時59分

写真

 チャーリー・シーン(50)が自身のHIVを完治させたとする担当医が危険人物だと非難した。

 チャーリーはメキシコでサム・チャチョーワ医師のもと、ヤギのミルクを用いた治療を受け、その治療が成功したと自信満々の医師が、その証拠にチャーリーの血液を自身に投入して見せたくらいだったというが、今になってチャーリーはその医師の治療法が危険なものであると批判している。健康番組「ドクター・オズ・ショー」に出演した際チャーリーは「あいつは夜遅くだろうと構わずに治療薬を配達させてきていて、俺はまぬけにも投薬し続けていたんだ。でも、あいつのことでおかしなことがだんだん積み重なってきたんだよ。俺はたぶんメキシコには32時間ほどしか滞在していなかったのに、彼は2ヵ月も俺が滞在していたって言っているんだから、彼の数学の能力も化学並みに怪しいもんだよね」「俺は治っていないよ。(医師がチャーリーの血液を自身に投入した時を)振り返ってみると、彼は背中を俺の方に向けていたんだ。だから針を入れ替えたのかもしれないよね。ほら見て、やるよ、ブスッって感じじゃなくて、背中を向けていたんだから」「俺はうそつきじゃないよ。彼から俺たちが魅せられているのは壮大なスケールのでっち上げさ。ああいうタイプの人間は危険だと思うね。もう自分の治療薬をヤギのミルクと交換したりなんてしないよ」と話した。

 そんなチャーリーは現在、別の新薬を試しているところであることも明かしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング