太りやすくなる40代が痩せるには“食べ方”がポイントに!?

アサジョ / 2019年3月14日 18時14分

写真

 40代になってから、気になっていることはありませんか? 例えば、ちょっと贅沢をしたり、お腹いっぱい食べたりすると、すぐに体重や見た目に反映されてしまうこと。食べ過ぎなければいいと思うかもしれませんが、普通に食べていても太るのが40代。そんなときは、“食べ方”に気を付ける必要があるようです。

 管理栄養士の足立香代子さん監修「40歳からのやせる食べ方:ダイエット、美容のために知っておきたい食材、食べ方のコツ」(学研プラス刊)では、40代になったら食べ方を工夫することを推奨しています。つまり、何を・どのように・いつ食べるのかをしっかり考えるということですね。例えば、小腹が空いたらとりあえずチーズをつまむ、納豆はカラフルにして食べるなど。このように、意識してたんぱく質を摂ったり、賢く間食をしたりすることで、過食を防ぐことができるのだそうです。

 また、ダイエットエステサロンのオーナー伊勢田愛さんの著書「40代女子のための “魔法の習慣”」(彩図社刊)には、間食習慣はなくすべきなんだそうですが、ストレスが溜まる人は自分の大好きなものを100kcal以下で食べるといいと書かれています。

 オススメの間食としては、和菓子、煎餅、ゼリー、ナッツ類、フルーツの他、糖質の少ない、酢昆布、するめ、ゆでたまご、豆乳、食べる煮干し(無塩)が紹介されていましたよ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング