「家で直接言えば?」Koki,に批判が殺到してしまった“父の日インスタ”

アサジョ / 2019年6月17日 18時14分

写真

 俳優の木村拓哉と歌手の工藤静香の次女でモデルのKoki,が、6月16日の「父の日」に自身のインスタグラムを更新。紫のアジサイの写真に「Happy father’s day」のメッセージとピンクのハートマークを2つ添えて拓哉パパに感謝を表した。

 これに対するネット民の反応は「インスタに載せてないで直接お礼言えばいいと思う」「家でやるなり、LINEで贈るなりしなよ。 父の日祝ってますアピールはいらない」「この親子は直接対話しないの?わざわざ世の中に向けて必要ないよね」「家族売りがしんどい」「SMAP時代は家族のニオイは出さなかったのに」「結局こうやって父親の存在を利用してるんだなと思う」「こういう家族アピールって好感度の高い家族がやるなら微笑ましいんだけど、好感度底辺一家がやってもイラッとするだけ」など、アンチ“木村家”からの厳しい意見が相次いでしまった。

 また、「ジャニーズなのに、キムタクだけ家族アピール許しているのはなぜ?」と疑問を投げかけるネット民もいる。

 芸能ジャーナリストは「木村は、Koki,の芸能界デビューに反対だった」と話す。

「ジャニーズ事務所の方針として、結婚しても具体的に家族の話をするのは、慎むのが暗黙の了解。けれども、工藤は自身のディナーショーで“家族ネタ”を披露するのが半ば恒例になっています。Koki,がデビューしてからは、さらに増長。それが、木村ファンから嫌がれようとお構いなしで、むしろそれを楽しんでいるのではないかと思えるほどです」

 工藤にとって、夫の木村拓哉や娘のKoki,の存在感をアピールすることがごく自然な芸能活動なのだとすれば、Koki,がその背中を見て同様の行為をしてしまうのも無理がない。少なくとも、父を思う娘の気持ちだけは確かなようで、なによりだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング