吉本興業社長の明かしたギャラ分配「5対5から6対4」という数字の根拠!?

アサジョ / 2019年7月27日 18時15分

写真

 お笑い芸人のたむらけんじが7月22日に情報番組「ミント!」(MBS)に出演し、所属する吉本興業の岡本昭彦社長による“ギャラ分配”の説明に異議を唱えている。

 一連の反社会的勢力との闇営業騒動に関して、遂に会見の席に登場した吉本のトップである岡本社長は、記者から所属タレントへの給与システムやギャラの取り分について問われると、「(吉本は他事務所に比べ)ギャラが安いと言われていますが、会社が9でタレントが1(9対1での分配)ということはない。ざっくりした平均値でも5対5から6対4。単価は人によるので、もちろん安いことはありますが」と説明し、過剰な事務所の搾取を否定。しかし、所属するタレントにとってこの説明には若干の違和感を覚えたようだ。

 たむらはこの社長のコメントに関して、「9対1の時代もあると思うけどね。多分、皆さん結果出してお仕事いっぱい増え出したら(分配の割合が)上がってきてるのはもちろんある。僕自身は(今は)9対1ではないと思うけど、9対1の時もあると思うけど」と反論。続けて「会社が5対5ですよ、6対4ですよって言うんであれば、そこも見せてくれたら良いと思う。それをすれば僕らもスッキリする」とも訴え、ギャラ分配における割合の証明を求めた。

「たむらけんじの他にも増谷キートンを始め、様々な吉本所属芸人がこの“5対5から6対4”という説明に反論していますが、おそらくは岡本社長が述べた“ざっくりした平均値”という表現こそが全てなのでしょう。とりわけ年功序列を重視する吉本では、ベテランや売れっ子になるにつれて、9対1の割合が徐々に変化していき、5対5に近づいていくとされていますが、仮に事務所の大御所である明石家さんまやダウンタウン、ナインティナインらが単価数百万円の特番や数千万円規模のCMなどの出演ギャラを得た場合、その半分を彼らに分配しているのであれば、相当大きな額になり、最下層に位置する数百円レベルのギャラを受け取る若手芸人らの金額は全体統計としては、ほぼ考慮されない微々たる数字になるでしょう。つまり、ピラミッドの上位に位置する売れっ子への分配額が非常に大きく、全体を“ざっくりと平均値”にすると5対5から6対4というのもあながち間違っていないのかもしれません。そもそも弁護士を同席させ、多くの記者を前にデリケートなギャラ事情について嘘の説明をすることの方がリスキーですからね」(テレビ誌ライター)

 また、無名時代には吉本興業によるプロモーションや劇場手配といった恩恵を多分に受け、その一方で会社にもたらす金額の単価は低いという現状がある為、極端な分配となってしまうのも無理はない。

 多くの所属芸人を悩ませる吉本のギャラ事情だが、ただひたすらにトップを目指し続ける貪欲な芸人こそ、最後には高給取りの身分を謳歌できるということだろう。

(木村慎吾)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング