結婚妊娠を発表したmiwaが女性から祝福されていない3つの理由!

アサジョ / 2019年9月3日 18時15分

写真

 2016年リオデジャネイロオリンピック400メートル個人メドレーの金メダリスト・萩野公介選手と今秋結婚、12月に出産予定であることを発表した女優でシンガーソングライターのmiwa。

 萩野選手のインスタグラムによると「miwaさんと昨日NHKでお会いしました! miwaさんは合唱コンクール。緊張しすぎて、何も話せなかった」とつづり、2人が並んで写る写真を2016年10月11日付けで掲載。つまり2人の偶然かつドラマチックな出会いはこの前日ということになる。そして2人は同年末に収録し、昨年3月に放送されたmiwaがMCを務めるドキュメンタリー番組「オンマイウェイ」(NHK)で再会し「幸せ」について語り合い意気投合。友人らによれば、グループ交際を経て同年夏頃から恋愛関係に発展したのだそうだ。

 そんな2人の熱愛報道が出たのは昨年9月。今後の展開に注目されていたが予想以上の早さでデキ婚となったが、世の女性たちには素直に祝福できない理由があるようだ。

「2017年2月公開の映画『君と100回目の恋』で共演した女性ファンの多い坂口健太郎とともに『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した時、坂口をみつめるmiwaの目が“恋する乙女”のようだったことや、2人で手を合わせ大きさを測ったことがイチャイチャして見えたことがひとつ、2018年7月12日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)にゲスト出演した時、リゾート婚をディスる一方で自身の結婚について『(結婚式に)たどり着く予感もない』と言っていたのに、このコメントが結果的に嘘だったことが2つ目。すでにこの時点で萩野選手と交際中だったことなどから、miwaは女性から“あざとい”“腹黒い”などと指摘されました。そのためネット上では『萩野くん、その女にだまされちゃダメ!』の大合唱が起きています。また3つ目として『29歳でデキ婚したところに“20代のうちに結婚しました”と世間の女性をマウンティングしているように感じる』といった声も少なくありません」(女性誌記者)

 女性人気の高いドラマ「凪のお暇」(TBS系)で主題歌「リブート」を歌っているmiwa。自分らしく幸せをつかもうと踏み出す女心を歌っているため、黒木華演じるヒロイン・凪をイメージした曲かと思いきや、デキ婚するmiwa自身を投影した曲でもあったようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング