滝沢秀明のジャニーズJr.年内謹慎処分に「厳しすぎる」と不満分子が!?

アサジョ / 2019年9月24日 10時15分

写真

 ジャニーズJr.の人気グループ「HiHi Jets」のメンバー、橋本涼と作間龍斗の二人が年内謹慎処分になったことはすでに報じられているが、今回のジャニーズ事務所の処分についても賛否両論、様々な声が上がっている。

「事件の発端は9月初旬、ネット上に二人のプライベート写真が流出。しかもその相手の女性が流出の経緯について生配信したことから、ジャニーズ事務所は10日、公式サイトで二人の年内謹慎処分を発表するに至りました。HiHi JetsはCDデビューこそしていませんが、今夏『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』の応援サポーターに就任。来年以降のCDデビューも噂されていただけにファンの間でも衝撃が走りました」(女性誌記者)

 このジャニーズ事務所の対応について、マスコミでも議論が分かれている。

「ジャニーズJr.のトラブルは、何も今回が初めてではありません。これまでもSnow Manの岩本照やSixTONESの京本大我などの女性とのトラブルが報じられてきましたが、お咎めなし。今回、2人が舞台『DREAM BOYS』の公演中にも関わらず、この処分に至ったのは事務所内外への引き締めの意味のあったのではないでしょうか」(前出・女性誌記者)

 ジャニーズ事務所は、9月4日にジャニー喜多川氏の「お別れの会」を終えたばかり。ジャニーズJr.を統括するタッキーこと滝沢秀明が、ジャニー氏から受け継いだジャニーズJr.をさらに厳しく律する思惑があったことは間違いなさそうだ。

「ジャニーさんから英才教育を受け、次世代ジャニーズの世界進出を目指すタッキーにとって厳しい稽古を課すのは勿論、今後はスキャンダルに対しても厳しい姿勢で臨んでいくものと思われます」(エンタメ誌ライター)

 しかし、そんなタッキーの姿勢に疑問を呈する声もある。

「ジャニーズ事務所は今まで何か不祥事が起きても、徹底的に所属タレントを守ってきました。SNSを使った前代未聞のゴシップだけに致し方ないとはいえ、“アイドルだって恋愛する”という見方が当たり前の時代に、今回の毅然とした処分は厳しすぎるという声もあり、ジュニア内でも波紋を呼んでいるそうです」(夕刊紙記者)

“令和のジャニーズ”を託されたタッキー。難しい舵取りを迫られそうだ。

(窪田史朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング