ムカつくけど当たってる!?お弁当への突っ込み名言集

アサジョ / 2019年9月26日 10時14分

写真

 お弁当を自分で作って職場などに持参しているという方は、人から自分のお弁当を見られて、突っ込まれた経験はありませんか? 例えば、こんな突っ込みを入れられた人がいるようです。

■「戦時中?」

 茹でたさつまいもを弁当に持っていって、このように突っ込まれた人がいました。そう言われればそうですが…。当人いわく、「ただのイモ好き」だそうです。

■「その冷凍食品美味しいよねー」

 毎日のお弁当には、冷凍食品って本当に便利ですよね。でも、あからさまに「その冷凍食品美味しいよねー」とおばさんに嫌味を言われると、やはり「手抜きなのかも…」と思ってしまいますね。

■「ダイエット中?」

 白ご飯が入っていないお弁当を持っていったところ、おばさんにこう突っ込まれたという人もいます。確かに、ご飯抜きは糖質オフダイエットっぽいですよね。でも、この人はもともと炭水化物が苦手なのだとか。

■「温めないの?」

 弁当箱の半分が「おひたし」で埋め尽くされたお弁当を持参したときに、上司からこう突っ込まれた人がいました。おひたしは冷たいまま食べるのが普通なので、温めるのはちょっと…。

■「クソばばあ!」

 おかずが「おでん」だけのお弁当を娘に持たせたところ、「クソばばあ!」と言われた親がいました。その親は「娘のことがよく分からなくなりました…」と言っていましたが…。好みにもよりますが、昨晩の残りものである上に、おかずがこれだけって…ちょっと娘さんが可哀そうですよね。

■「今日はお父様が作られたんですか?」

 いつもキャラおにぎりを子どものお弁当にしていたママが、幼稚園の先生からこのように突っ込まれたそう。実はこの日のお弁当は、普通に白ご飯を詰めたもの。たまたま忙しくて、キャラおにぎりは作れなかったのだそう。

 人のお弁当を突っ込むのは楽しいものですが、言われたほうは事情があり、悲しい気持ちになることも。突っ込みたいと思っても、よく考えてからにしたいですね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング