「G線上」の中川大志、シャッタードンの次は“突然手繋ぎ”で視聴者キュン死

アサジョ / 2019年11月11日 18時15分

写真

 女優・波瑠が主演するドラマ「G線上のあなたと私」(TBS系)の第4話が11月5日に放送され、中川大志演じるイケメン大学生・理人が突然、波瑠演じる也映子と歩きながら手を繋ぐシーンに「手繋ぎ手繋ぎ手繋ぎ…全国民がニヤけた瞬間」「あかん、手繋ぎシーンリピしてニヤケ止まらん。無理」といった黄色い声援がネット上でもあふれた。

「このドラマは婚約破棄され会社も辞めた也映子(波瑠)と兄の元恋人に恋する理人(中川)、そして夫の不貞行為に悩む幸恵(松下由樹)の3人が大人のバイオリン教室で出会う恋と友情の物語です」(テレビ誌ライター)

 第4話では、バイオリン教室の後、就活の他に婚活も始めた也映子に「結婚できるといいですね、今度こそ」と言いながら、もし結婚できたら「二次会で理人にバイオリン弾かせてあげる」と嘯く也映子に「馬鹿の一つ覚えじゃん。まあいいか、バカだし」と答える理人。「どっちがバカ、そっちでしょうよ」と返す也映子に、「いいじゃん、もう。どっちでも」と言いながら突然楽しそうに手を繋ぐ理人に也映子はドキドキ。

「この場面に、視聴者の中には『シャッタードンより手繋ぎ理人くんの方に私はトキメいたよ』といった声も上がりました。このドラマは、いくえみ綾氏の同名のマンガが原作。ファン間では“いくえみ男子”中川の人気は回を追うごとに熱を帯びています」(女性誌記者)

 しかしこの“中川フィーバー”は今に始まった事ではないという。

「9月28日に生放送された番組『オールスター感謝祭’19』(TBS系)で、中川は各競技で大活躍。中でも『まばたき我慢対決』では、涙を流しながらも歴代最高記録を更新する5分4秒を記録。この場面を観てファンは急増。思えば、あの頃から中川の“確変”は始まっていたのかもしれませんね」(前出・女性誌記者)

 そんな中、中川と似ているある俳優と比べて、こんな意見も出始めている。

「中川は、年上の先輩俳優・福士蒼汰と似ていることは芸能界でも有名。先日行われた『関口宏の東京フレンドパーク2019』(TBS系)でも同じ画面に映り“見分けがつかない”といった声も聞かれました。福士は7月期『Heaven?~ご苦楽レストラン~』に引き続き10月期『4分間のマリーゴールド』(TBS系)に出演していますが、『髪型も演技も変わらない』と揶揄する声も。中には“中川大志に抜かれるのではないか”といった声まで出ています。中川の勢いは、当分止まりそうもありません」(制作会社プロデューサー)

 いくえみファンも太鼓判。“確変”しつつある中川大志から、ますます目が離せない!?

(窪田史朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング