「スカーレット」出演決定の伊藤健太郎!ブレイクの秘訣は“苗字”にあり?

アサジョ / 2019年11月12日 7時15分

写真

 俳優の伊藤健太郎が、現在放送中の戸田恵梨香主演の朝ドラ「スカーレット」(NHK)に出演することが決定。ファンから「嬉しすぎる朗報に、心の臓が!!」「鳥肌!!涙、止まりません」「喉が枯れるくらい叫びたい~!!おめでとう」「祝朝ドラ 祭りだぁ~酒だ!!酒盛りだぁ」といったコメントがネットに寄せられている。

「このドラマは、焼き物の里・滋賀県信楽を舞台に信楽焼に魅せられたヒロイン喜美子(戸田)が陶芸の世界に飛び込み成長する姿を描いた物語。伊藤が演じるのは、明るくて優しく、ひょうきんな一面を持ち合わせる喜美子の息子・川原武志役。この作品は、伊藤が出演したドラマ『アシガール』(NHK)を作ったチーム。伊藤自身も『朝ドラは自分の中でも目標のひとつ』とした上で『みなさんの期待を裏切らないように、しっかり務めたい』と賭ける思いを口にしています」(テレビ誌ライター)

 伊藤は、“kentaro”名義でモデルとして活躍、2014年ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(フジテレビ系)で“健太郎”名義で俳優デビュー。2015年「学校のカイダン」(日本テレビ系)、2017年「アシガール」(NHK)に出演。2018年、芸名を本名の“伊藤健太郎”に戻して出演したドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)で、とんがり頭の不良高校生役を演じて大ブレイク。その後も数々のドラマや映画に出演。ついに朝ドラ出演のチャンスをつかんでいる。

「実は、『今日俺』に出演していた太賀も今年、芸名を“仲野太賀”に改名して、大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)に出演。注目を集めました。その他にも今を時めく新田真剣佑も事務所移籍をきっかけに、“真剣佑”から改名して大ブレイク。伊藤健太郎もこのチャンスをものにしたいものです」(エンタメ誌ライター)

 しかも朝ドラ出演は「若手俳優にとって大きなチャンスを掴む登竜門」と話すのは、前出のエンタメ誌ライターだ。

「『ひよっこ』でヒロインみね子(有村架純)の恋人・夫“通称ヒデ”役を演じた磯村勇斗を始め、『半分、青い。』でヒロイン鈴愛(永野芽郁)と共に漫画家を目指す“ボクテ”を演じた志尊淳。友人“マアくん”を演じた中村倫也、そして『なつぞら』でヒロイン・なつ(広瀬すず)の夫・一久さん役の中川大志、幼馴染・天陽君役の吉沢亮などなど、朝ドラをきっかけにスターへの階段を駆け上がった俳優は枚挙に暇がありません」

 伊藤の登場は、来年2月上旬。今後の活躍をぜひ期待したい。

(窪田史朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング