加藤浩次をブチ切れさせた女子大生タレントの言い草がヒドい!

アサジョ / 2019年11月18日 7時15分

写真

 女子大生タレントの入澤優が11月10日にインターネット配信されたバラエティ番組「極楽とんぼのタイムリミット」(AbemaTV)に出演。企画のルールを無視した暴走行為を見せ、番組MCの極楽とんぼの加藤浩次から激怒される一幕が見られた。

 同回では「告白にタイムリミット!21時までに恋人を作ろう!!」と題して、入澤を含む3名の女性が今恋している相手(制限時間内なら何人でもOK)に告白して、21時までカップル成立を目指すという告白企画を放送。

 番組のルールでは1人からOKをもらい、カップルが成立した時点でチャレンジは成功となり、終了となっていたが、トップバッターを飾った入澤は「今日は告白を全員成功させる。今までフラれたことがないので、今日は4人告白するんですけど、全員にOKをもらいたい。その中から選びたいなと思って」と、企画のルールを完全に無視した意気込みを発表。

 実際、1人目に告白した相手は女性経験がないという34歳の温水洋一似だという予備校の先生をチョイス。入澤は本当に好きな相手と主張したものの、無難とも思える人選に、加藤は「なんかあなた、全てに実がない。本当に好きですか?温水さんに似てる人」と不信感を抱いていた。

 ただ、その予備校の先生には軽いという理由で残念ながらフラれてしまう展開に。

 フラれることは想定外であった入澤は落ち込んだ様子を見せていたため、厳しい言葉をかけてきた加藤も「人間て変われるから」と思わずフォロー。

 しかし、入澤にはそれも全く響いておらず「じゃあ、あと3人告白するんですけど」と相変わらず3人からOKをもらおうというスタンスを見せ、これに加藤もすっかり呆れてしまい、「あなた不正解しか出してない」「あなた、ろくでもないね」と、終始冷めた視線を送っていた。

「2人目に告白した相手の好きな理由も『センチュリーに乗っているところ』と説明して、これにも加藤は呆れ、本当に好きな相手なのか、疑問を抱いていました。

 それもそのはず、入澤は過去に現役東大生40人が出演するバラエティ番組で『東大生と絶対に結婚したい女性』として登場。番組内で草食系の東大生に告白して、ここでもフラれていましたが、その後、SNSで『まだその東大生が好きか』を質問されると、『もともと好きじゃない、番組本気にしちゃいかんよ。あんなの有名になるための踏み台でしょ』と本音を漏らしていました。加藤がそういった違和感を抱くのも無理はないでしょう」(エンタメ誌ライター)

 炎上してでも有名になれればOKという発想からどうしても言動が薄っぺらく感じられてしまう入澤。加藤にはとてつもなく嫌われてしまったのは間違いないが、これ以上、業界内に敵を作らないように心構えを改めるべきでは?

(田中康)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング