岡村隆史、新バラエティ番組を希望するも視聴者は「めちゃイケ再放送」希望

アサジョ / 2019年11月21日 18時15分

写真

 11月22日公開の映画「決算!忠臣蔵」で堤真一とW主演を務める岡村隆史。11月20日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系)にVTR出演し、昨年3月に最終回を迎えた「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)の人気企画だった「オファーがきました」シリーズに挑むのと同じような気持ちでこの映画に臨んだとコメント。インタビュアーの軽部真一アナから、また「めちゃイケ」のようなバラエティ番組をやりたいか、それとも来年には50歳を迎える年齢から、もうやりたくないかとの質問に「やりたいですよ!」と目を輝かせた。

「岡村は沢尻エリカ容疑者の法律違反の薬物所持問題で大きく揺れている来年1月5日から放送予定の大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)でも、主演の長谷川博己演じる明智光秀の危機をたびたび救う三河出身の農民・菊丸という大役を務めます。岡村は真面目な性格が功を奏して本職の役者陣からもスタッフからも評価が高いそうです。芸人としてバラエティ番組をやりたいのは当然のことでしょうが、11月15日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)にゲスト出演し、26年来の親友と公言している中居正広と1999年から2004年までの5年間、絶交していたと告白。その間に『めちゃイケ』の人気企画の1つである『中居&ナイナイの日本一周 ○○の旅』の収録が2回あったと説明。岡村も中居も“仕事として”カメラが回っている時だけ仲のいいフリをしていたと説明しました。そのためネット上では『2人が絶交期間中の“日本一周の旅”が見たい』『絶交していたとわかったうえで2人のやりとりを確認したい』『その頃の再放送を熱望!』という声が大きくあがっているようです」(女性誌記者)

 役者としての仕事が増えている岡村。絶交状態と感じさせない演技力が、高く評価されているのかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング