明石家さんまの「引き笑い」癖はつけないほうがいい?!

アサジョ / 2016年4月3日 17時58分

写真

 特徴のある「笑い方」をする人っていますよね。でも、笑い方によっては周囲の人に不快感を与えてしまう‥‥なんてことも。

そこで改めて気を付けたいのが常日頃の笑い方。たとえば次のような笑い方をしているひとは、要注意ですよ。

●明石家さんま風の「引き笑い」

わっはっは!と笑うのではなく、息を吸いながら「ヒー!」という引き笑いを挟むタイプ。本人は爽快感があるのかもしれませんが、意外と評判が悪い笑い方のひとつ。

●関根勤風の手をパンパン叩いて笑う

よく、テレビのバラエティ番組などで手を叩いて笑うお笑い芸人やタレントさんがいますよね。でも、これ、テレビ的な演出としては盛り上がるかもしれませんが、普段の生活ではちょっと大げさすぎて違和感を感じる人が多いようです。

 いずれも決して迷惑と言う行為ではありませんが、周囲から密かにヒンシュクを買っている恐れも‥‥。女性ならあまり下品にならないよう、笑い方にも十分気を付けたいものですね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング