「梨園の妻」「女優」藤原紀香“二足のワラジ”生活で見習うべきはあの大女優

アサジョ / 2016年4月3日 17時59分

写真

 3月30日、片岡愛之助と藤原紀香が婚姻届を提出、晴れて夫婦となった。翌31日には2人そろって記者会見を行い、幸せいっぱいの様子が報じられた。

 しかし、かねてより不安視されているのが女優・藤原紀香に梨園の妻が務まるのか、という点だ。

「確かに梨園の妻は、ご贔屓と呼ばれる後援者、ファンへの対応に忙殺されます。顔や名前を覚えてお付き合いをし、舞台やパーティ、後援会などのご案内やご招待、切符の手配なども妻の仕事とされます。ひとたび公演が始まれば期間中劇場に詰めて御挨拶、楽屋にいらした際のおもてなし。大きな一門なら弟子やスタッフの人数も多くなりますから、その人たちの仕切りや世話など、休む暇がありません」(女性誌記者)

 夏にはミュージカルの主演も控えている紀香。とても梨園の仕事が務まるとは思えない。

「梨園の妻にとって、まず跡継ぎを産んで育てるというのがいちばん大事な仕事ですが、紀香は44歳。愛之助も養子ですから、跡継ぎについてはうるさく言われることはないかもしれません。愛之助には別の女性との間に隠し子もいますからね。また、梨園の妻と芸能活動の両立は厳しいと言われますが、かつて尾上菊五郎夫人である富司純子は結婚して引退を表明したものの、2年後には『3時のあなた』(フジテレビ系)の司会で復帰。その後も女優として活躍しています。彼女を見習えば問題はないと思いますよ」(週刊誌記者)

 ビッグカップルの今後に注目だ。

(大門はな)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング