アンジーがブームのはしり?乳がん検診からダイエットにも活用できる遺伝子検査

アサジョ / 2016年4月7日 17時58分

写真

 近年めまぐるしい進化を遂げ、その利用法に注目が集まっているのが「遺伝子検査」。実はコレ、自分の遺伝子の性質でどんな病気にかかりやすいかといった「健康リスク」がわかるだけでなく、いまや自分がどのようなダイエット法に向いているか、あるいはどんな異性と相性がいいかなど、もはや「健康リスク」以上のさまざまなことがわかるということで話題になっています。

 女優・アンジェリーナ・ジョリーが遺伝子検査を受け、事前に乳がんリスクを知り、乳房を切除。その後、卵巣がんのリスクも判明したことから事前に卵巣摘出をしたのは有名な話。アンジェリーナの場合、乳がんや卵巣がんで若くして亡くなった家族が多いとのことで、そのがんリスクはリアルなモノだったことから、自ら進んで検査をしたと言われています。

 このような遺伝子検査は日本でも可能。カウンセリングのほか血縁者の既往歴などを調べたうえで、遺伝子検査を受けることが出来る病院があります。

 また、子どもを生む前に受けられる「出生前診断」や、遺伝子で自分の肥満のタイプが分かる遺伝子検査、さらには太りやすさの体質を調べた後に、適したサプリメントを飲んで痩せるダイエットプログラムなども有名サプリメーカーなどから販売されており、いまや遺伝子検査は命のリスクからダイエットまで幅広く活用されているようです。

 とっても身近になってきた遺伝子検査。まずは手軽なダイエット体質検査から試してみてもいいかもしれませんね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング