残念!剛力彩芽、自粛生活中に磨いた料理の腕を披露したものの…

アサジョ / 2020年6月16日 10時15分

写真

 女優の剛力彩芽が、6月9日に放送された番組「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」(フジテレビ系)に出演。自粛生活中に作ったという手料理を披露した。

「自粛生活で料理をする機会が増えたという剛力は、あえてパンやクッキー生地を作るために手間のかかるメロンパンを作っていたとコメント。そして実際に彼女が作ったメロンパンがスタジオに運ばれてきたのですが、残念ながら、新型コロナウィルスの感染を防ぐために共演者に食べさせることができず。作った剛力本人のみが食べて『美味しい』と感想を漏らし、千鳥・ノブから『自分で作ってきたのを自分で食う。なんの時間やねん』とツッコまれるひと幕がありました」(放送作家)

 番組では、剛力が料理する動画も公開。ところがひと言も発せずに、ただ黙々と料理するだけの動画に千鳥・大悟から「なんも喋らんのや? こんな無音なの初めて」という鋭い指摘も入った。これに対し剛力は「こういう動画、1回も撮ったことがなくて」と説明。共演者たちから「逆に新鮮」など言われ、スタジオは笑いに包まれた。

「剛力は、2016年にドラマ『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』(テレビ朝日系)に出演しています。このドラマは総理大臣の料理番として官邸に入った天才女性シェフの物語。ドラマの役柄上、料理するシーンも多かったので、1カ月に及ぶ料理の特訓も受けていました」(テレビ局関係者)

「グ・ラ・メ!」の制作発表記者会見では、特訓の成果を見せるべく剛力がスープや鶏のグリルなどを調理。それを総理大臣役の小日向文世が試食。「未来の旦那様が食べる前に、手料理をゲットしました!」と話して会場を沸かせるひと幕もあった。

 剛力は、元カレの前澤友作氏と復縁したと報じられている。自粛生活中に自宅で作った料理は、前澤氏との同居を意識した花嫁修業の一環だったのかも?

(窪田史朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング