手越祐也の会見で露見した「テゴマス」と「その他2人」の格差

アサジョ / 2020年6月27日 18時14分

写真

 元NEWSの手越祐也が6月23日、ジャニーズ事務所を退所してから初となる記者会見を開催。退所に至った経緯や今後の活動などについて語った。そこで手越が明かした「事務所に断られたオファー」に、ファンの注目が集まっているという。

「手越は、超有名ミュージシャンからフェスに誘われたものの、出演できなかったと語っていました。そのミュージシャンが誰なのか、ファンの間では議論が噴出しています」(芸能ライター)

 真っ先に名前が挙がったのは元NEWSのTakaが率いる超人気バンド「ONE OK ROCK」だが、ワンオクは自らフェスを主催したことはないはず。同様に手越へのエールをツイートしていたHYDEの「L’Arc~en~Ciel」にも主催フェスはないようだ。それに対して手越がよくカラオケで歌っていたという「X JAPAN」には「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016」を主催した経歴があり、ここを本命視する声もある。

 そんな議論が白熱するなか、手越の説明が図らずもメンバー間格差を露見させていたというのである。

「手越はフェスへの誘いが自分のソロ、もしくは増田和久とのデュオである『テゴマス』に来ていたと語りました。これは『NEWS』へのオファーではなかったとも聞こえるわけで、勧誘した側にとっては小山慶一郎と加藤シゲアキはフェスに出てもらう必要がないということになりそうです」(前出・芸能ライター)

 ジャニーズ所属グループのフェス参戦歴を見渡すと、V6にせよTOKIOや関ジャニ∞にせよ、グループとして出演している。KinKi Kidsの堂本剛が「SUMMER SONIC」や「イナズマロックフェス」に出演した例はあるものの、これは剛のソロプロジェクト『ENDRECHERI』としての活動だ。ENDRECHERIはアルバムもリリースするなど音楽ユニットとして確固たる実績もあり、これなら〈KinKiの片方だけが出演した〉ということにはならないようだ。

「その意味ではテゴマスも7枚のシングルをリリースし、大阪城ホールや横浜アリーナでのライブ実績もあるので、フェス側では《音楽デュオのテゴマスに出演依頼》だったのかもしれません。しかしKinKi Kidsの場合は剛がアーティスト志向、光一がミュージカル志向というハッキリとした色分けがあり、二人がそれぞれ独自に活動していてもファンは理解しています。それに対してNEWSについてはそこまでファンが納得できるかどうか。テゴマス自体は2014年を最後にユニットとして表立った音楽活動もしておらず、それでもオファーが掛かったという点で、小山や加藤との格差は否めません」(前出・芸能ライター)

 そのテゴマスも手越の退所で事実上消滅。果たして3人だけになったNEWSにフェス出演の可能性はあるのだろうか。

(白根麻子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング