片岡愛之助が「俺のBakery」のパン監修、実はヤマザキが好きだった

アサジョ / 2020年8月5日 7時15分

写真

 女優の藤原紀香が8月3日、ブログを更新。夫で歌舞伎役者の片岡愛之助が監修した食パンを絶賛した。

 藤原はブログで、食パン専門店「俺のBakery」3店舗(東京・大阪)で片岡が監修した食パン「黒豆と抹茶」が8月1日に発売されたことを報告。「この食パンは本当に美味しい」「マジで、美味しいですから」と藤原は大絶賛し、片岡が自ら手彫りした落款(印鑑のようなもの)の焼印が押されていることもアピールした。ちなみに8月31日までの限定販売。

 片岡も同日のブログで、自身が監修したパンについて「無理を聞いて何度も作りなおして下さった」と、俺のBakeryのスタッフを激賞。食パンにはこだわりがあり、同店のパンにもさぞかし愛着があるのだろう。

「ところが、片岡は過去“別の”パンが好きでした。2015年6月のブログで『好きなパン屋さん』と題し、『あんじゅ四条畷』と書かれた紙袋の写真を投稿。あんじゅ四条畷は大阪にある食パン専門店です。北海道産の小麦や甜菜糖など、素材にこだわったパン作りをしています。大阪に行くときは、マメに買っていたと思われます。また、14年10月のブログでは、『Yamazakiさんから』と題して、製パン大手ヤマザキの期間限定の最高級食パンを紹介。『スペシャルなパンを頂きました』『これ食べちゃうと他の食パン食べられなくなるよ~』と最高級の賛辞をおくっていました。よほど、美味しかったのでしょう」(芸能記者)

 食パンには相当こだわりがありそうな愛之助。俺のBakeryがコラボしたがったのもよくわかる。

(石田英明)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング