【星座別・適職】双子座は言葉を扱う職業が向いている!?

アサジョ / 2020年8月26日 7時14分

写真

「自分にはどんな仕事が向いているのだろう?」と、何度も自問自答しているのなら、たまには占いを参考にしてみるのもいいかもしれません。そこで、誰でも知っている自分の太陽星座から、双子座の適職を紹介します。

 英国の占星術師ジョナサン・ケイナー氏の著書「英国式占星術」(Setsuwa-sha Publishing刊)では、双子座の適職として、広告代理店、会計士、書店、放送関係、出版、ジャーナリストなどが挙げられています。

 また、早稲田運命学研究会による「12星座で『いちばんモテる』双子座男子の取扱説明書(きずな出版)」(PHP研究所刊)では、考えることや先を推測するのが得意でスピーディーな行動力を持つ双子座は、頭を使って情報や言葉を扱う職業に適している書かれていいます。双子座は水星と関係が深いので、情報やコミュニケーション能力を必要とする作家や出版関係の仕事は、最適な仕事の一つだそうですよ。

 これらを参考に、双子座の人はぜひ自分の適職を探るヒントにしてみてくださいね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング