三四郎・小宮、実家の資産は10億円でも夜の嬢にはシブチンだった!?

アサジョ / 2020年10月4日 18時15分

写真

 お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信が総資産10億円を超える大富豪の御曹司であることが、9月29日発売の「フラッシュ」でわかった。しかし、富はあるが女運はないようで……。

 記事によると、東京・練馬区にある小宮の実家は多数の不動産を所有。なんと、土地と建物を合わせた総資産は10億円を突破。それらは将来的には小宮が相続するという。

 金には困らない小宮だが、女性には困っていそうだ。小宮の接客クラブ好きは有名だが、キャバ嬢の“お持ち帰り”に失敗したことを18年3月の「FRIDAY」がキャッチ。小宮はライブの打ち上げ後、明け方に芸人仲間らとお店へ。嬢の連れ出しを狙ったようだったが、退店時は見送りすらされなかったという。有名人でありながら、ここまでモテないとは驚きだ。

 18年2月放送のバラエティ番組「指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙」(AbemaTV)に出演したときもモテないエピソードを披露。若手時代、居酒屋でファンだという女性をホテルに誘った小宮。ところが、ホテルに着く直前で拒否されてしまった。小宮は「ファンなのにおかしいじゃん!」とブチ切れたようだ。

「18年5月発売の『週刊女性』でも、小宮が友人と熱海のキャバクラに行ったことを伝えています。店の関係者によると、小宮の財布のヒモは堅く、キャバ嬢にグラス1杯ずつしかごちそうしなかったとか。お会計は2人合わせて3万円ほどで、芸能人とは思えないほど、かなり安く抑えたようです」(芸能記者)

 御曹司らしくもう少し豪快に使えば、お持ち帰りに成功していたかも。

(石田英明)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング